「もしも」のおカネのつくりかたQ&A

詳細はこちら 資料請求・ご加入に関するお問い合わせ 0120-497-775

子どもの保障、どう選べばいいの?

Q子どもの保障、どう選べばいいの?
A今は「もしもの保障」だけ、と割り切って。

以前は予定利率も高かった貯蓄を兼ねた保険などに医療特約を付加し、「貯蓄+保障」を合わせるのも有利でした。しかし今は利率も下がっているため「保障は保障、貯蓄は貯蓄」と割り切り、できるだけ安い保険料で子どもの「もしも」に備えられるものを選びましょう。選ぶポイントは大人と同様に入院時保障の内容、そして子どもに多い「ケガ通院」への対応。また、親の保険の家族特約、こども保険の特約、さらには共済や学校・地域・自転車共済などでの重複加入が珍しくありません。一度加入している保障内容を見直し、無駄な出費がないかチェックしましょう。

《たすけあい》ジュニア18コースの共済金お支払い例
年齢 コース 性   別 原    因 共済金の種類 通院日数/
実入院日数
お支払い
金額
2歳 J1000円 男の子 保育園の室内で転倒して左腕を骨折した。 事故(ケガ)
通院
10日 76,000円
3歳 J1000円 女の子 自宅で割れたコップで足を切った。 事故(ケガ)
通院
5日 10,000円
6歳 J2000円 男の子 ぜんそく 病気入院 4日 40,000円
7歳 J1000円 男の子 公園でサッカーをしていて、足をひねり骨折した。 事故(ケガ)
通院
7日 36,000円
9歳 J1000円 女の子 ローラーシューズで遊んでいて、転倒して肘を打撲した。 事故(ケガ)
通院
6日 12,000円
16歳 J1000円 男の子 椎間板ヘルニア 病気入院 14日 84,000円
手術 100,000円

※コープ共済《たすけあい》お支払いデータ

※お支払い事例はあくまでも例です。実際のお支払いはケースバイケースです。

このページの先頭にもどる

保障内容、変更、共済金請求などのお問い合わせ

CO・OP共済「ご意見・ご要望」の窓口

ご加入手続きのながれ

加入者インタビュー