うちのおカネのつかいみちQ&A

詳細はこちら 資料請求・ご加入に関するお問い合わせ 0120-497-775

借りた後に、気をつけることは?

Q借りた後に、気をつけることは?
A

住宅ローンを借りた後も繰り上げ返済や借り換えをすることで、返済総額を減らすことも可能です。

金融機関の窓口や掲示板にもこれらに関する説明会開催のお知らせがよく出ていますので、時々チェックしましょう。

繰り上げ返済する場合は、返済後に貯蓄ゼロにならないように気をつけること。また借り換えを考える場合は次の条件を目安に。

  • ローン残高が500万円〜1,000万円以上
  • 残り期間が10年以上
  • 金利差が1%以上

借り換えローンを利用する場合、新しくローンを組むための諸費用がかかりますので、その分を含めて試算しましょう。

繰り上げ返済(手数料がかかることもあります)

繰り上げ返済すると、元金部分に充当されるため、その部分の利息を支払う必要がなくなり、総支払額を大きく減らすことができます。

  • 計算例 返済開始後5年で約100万円を繰り上げ返済する場合(2,000万円を35年返済、金利3%で借り入れ)

【期間短縮型】

2年6ヶ月返済期間短縮。総返済額は約133万円減額。

【返済額軽減型】

毎月の返済額4,216円減額。総返済額は約52万円減額。

このページの先頭にもどる

保障内容、変更、共済金請求などのお問い合わせ

CO・OP共済「ご意見・ご要望」の窓口

ご加入手続きのながれ

加入者インタビュー