うちのおカネのつかいみちQ&A

詳細はこちら 資料請求・ご加入に関するお問い合わせ 0120-497-775

年金で足りない分は、どうすればいい?

Q年金で足りない分は、どうすればいい?
A

30代は貯蓄を優先

30代は家族構成もほぼ固まり、住宅や教育資金がいつどのくらい必要かがわかってくる頃。
子どもが小さいこの時期にこそ、貯蓄を優先しましょう。
出産・育児を機に共働きではなくなる家庭も多いことでしょうが、がんばって1人の収入でやりくりし、「まず貯蓄、残りで生活」を習慣づけましょう。

人生3大資金の収入・支出

40代は支出コントロールを

できればこの時期、住宅ローンの返済を退職時以降に延ばさないよう、早めに返済することを心がけたいもの。教育資金が足りない場合は民間教育ローンの前に国の教育ローンや日本学生支援機構の奨学金を検討しましょう。

50代は貯蓄の最後のチャンス

子どもの学校卒業から定年退職までが老後資金を集中的に貯蓄できる時期。今までかかっていた教育資金をそのまま老後資金に振り替えましょう。子どもが成人すれば、生命保険の死亡保障額を小さくすることもできるはず。保険料の浮いた分も老後資金に。

老後いくら貯蓄があればよいか?
60歳時の貯蓄額 ⇒ 80歳まで毎月使える額
2,000万円 ⇒ 毎月9万円
3,000万円 ⇒ 毎月13万円
5,000万円 ⇒ 毎月23万円
1億円 ⇒ 毎月46万円

(年利1%(税引き前)で運用した場合)

毎月積立額の目安
毎月積立額 5年 10年 15年 20年 25年 30年
1万円 61 126 194 266 340 420
3万円 184 378 582 797 1,022 1,259
5万円 307 631 971 1,328 1,703 2,098

(年利1%(税引き前)で運用した場合/単位:万円)

このページの先頭にもどる

保障内容、変更、共済金請求などのお問い合わせ

CO・OP共済「ご意見・ご要望」の窓口

ご加入手続きのながれ

加入者インタビュー