発掘!お金の話

詳細はこちら 資料請求・ご加入に関するお問い合わせ 0120-497-775

第7回 物価でみる「江戸の暮らし」

「宵越しの金は持たねぇ」 江戸っ子の家計とは

前回の、江戸時代の貨幣制度の話に続いて、今回は、その通貨を使っていた人々の家計や、当時の物価から見えてくる江戸っ子の生活ぶりを紹介していこう。
※文中では特に断りのない限り、仮に現代の金額に換算する場合、わかりやすく1文=約30円、1両=銀60匁=4000文=約12万円としている。ただし、実際には江戸初期と後期では物価や換算率などに違いがある。

大工の熊さん一家の年間の収支を拝見

まず、江戸庶民を代表して、長屋に住むある大工さん一家(ここでは仮に「大工の熊さん一家」と名付けておく)の1年の生計費を紹介しよう。当時の随筆「文政年間漫録」を見ると、その暮らしぶりを窺い知ることができる。

熊さんは妻と子供1人の3人家族。大工の賃金は上方風に銀立てで払われる。熊さんの日払いの日給は5匁4分、文政期頃の交換比率だと銀1匁=108文なので、つまり583文、現代の金額では約1万7500円になる。正月や雨天などで働けない日を60日とすると、熊さんの年収は表1のように514万円程度だ。

表1 大工の1年間の生計費
収入銀1貫目587匁6分約514.4万円
支出家賃(4畳半2間)銀120匁約38.9万円
食費(米代)354匁約114.7万円
副食・光熱費(みそ・薪)700匁約226.8万円
住居費(道具・家具代)120匁約38.9万円
衣服代120匁約38.9万円
交際費(慶弔代)120匁約38.9万円
支出計銀1貫534匁約487.0万円
繰越金(予備金)銀53匁6分約17.4万円

(『文政年間漫録』による)
※表1では、銀1匁を文政期頃の江戸の交換比率108文に換算。また1文は30円に換算。
※『文政年間漫録』・・文政年間(1818〜30)の都市と農村の生活、逸話や話題を集めた見聞録。栗原柳庵著。

大工は職人の中でも比較的収入の高い職業だったので、住まいは長屋でも少し広めの三軒長屋、四軒長屋などに暮らした。熊さんの住まいは、4畳半2間ほどの広さで家賃は月約3万2400円だ。

年間の収支は表1の通りだが、熊さん一家の場合、店賃(家賃)が全支出の8%程度と低めで、食費と光熱費が高い割合を占めている。最低限の支出だけで、全体の3/4を占めてしまうので、熊さん一家の生活は決して余裕があるものとはいえなかった。

この随筆では、天秤を担いで野菜売りをしていた棒手振商(ぼてふりあきない)一家の暮らしについてもふれているが、こちらの収入はもう少し少ない。1日の収入が479文(約1万4400円)で、その日の米、調味料、おやつ代などを引くと、残りは100文〜200文程度にしかならない。この100文を、仕事ができない雨天の日の備えにするか、酒代にするか、そんなことで迷っていたというエピソードも随筆に残されている。これ位の収入であれば、家賃が月300文くらい(約9000円)で、広さが約6畳のワンルームの長屋に家族3〜4人で住むのが普通だった。

表2 江戸っ子になじみの物価の一例
そば代16文(江戸後期)
湯屋(銭湯)大人10文、子供6文(江戸後期)
手習い※1年間 約1両1分〜1000文
猪牙船(ちょきぶね)※22匁(江戸前期、小石川・牛込あたり〜浅草・山野掘まで)
駕籠(かご)金二朱あるいは銭800文(江戸後期、日本橋〜吉原まで)

参考資料:『数字で読むおもしろ日本史』『目からウロコの江戸時代』ほか
※1 上方では寺子屋、江戸では手習いと呼ばれることが多かった。授業料は一定しておらず、家庭の資力によっても異なっていた。
※2 目的地まで運んでくれる水上タクシーのような小船

医者、歌舞伎、吉原…、江戸のお値段あれこれ

次に、非日常的なサービスや娯楽にかかる費用をいくつかピックアップしてみたい。 まず、医者にかかった場合の費用だが、これはかなり高かった。江戸末期の記録では、町の開業医に診てもらう診察料だけで、1回金1分〜2分くらい(約3万〜6万円)だ。往診を頼めば、さらに金1分〜2分加算されたし、薬代も3日分で約金1分。医者にかかると、たった1度で一両程度のお金がかかってしまうので、そう簡単に診てもらうことはできなかった。

娯楽の中で人気があったのは芝居見物。とはいえ、歌舞伎の見物料金はとても高く、庶民が気軽に出かけられるものではなかった。幕府から興行を許可された四座(後に三座)の桟敷席では約銀20匁〜35匁くらい。こうした高い歌舞伎以外に、100文以内で見られる「小芝居」と呼ばれるものがあり、どちらかといえば庶民が足を運ぶのは小芝居の方だった。

また、江戸っ子は旅行も好きだった。特に人気があったのは伊勢参り。当時は、1〜2食付の旅籠(はたご)の宿泊代は、200文から300文くらい、木賃宿(きちんやど)ではこの1/3〜1/2くらいの額だった。また、「越すに越されぬ」で有名な東海道・大井川の川越しは、人足に肩車してもらわなければならない。川の水量により代金が異なり、少なければ48文、人足のわきの下まで水がある場合は94文とチップがかかった。

表3 江戸後期、現在の東京・世田谷区の農民、国三郎が伊勢参りに出かけた際の旅費
旅籠代(15泊) 2904文 8万7120円
昼食・間食・茶代 1095文 3万2850円
菓子・団子など 421文 1万2630円
大井川渡し 180文 5400円
その他渡し舟 265文 7950円
駕籠 1456文 4万3680円
社寺賽銭 308文 9240円
草鞋(わらじ・11足) 163文 4890円
按摩(あんま) 24文 720円
その他(ちり紙など) 174文 5220円
合計 6990文 20万9700円

(『弘化二年伊勢参宮覚』による)

娯楽のなかでも、吉原の遊郭遊びは相当高くついた。吉原のトップクラスの「太夫」を初めて揚げる場合、置屋から揚屋に呼ぶだけで約銀536匁(約107万2000円)、他に初会の宴会代が約5両(約60万円)かかった。なじみになり床入りがかなうのは三会目(3回目)なので、ご祝儀代なども含め、総費用は50両くらい(約600万円)になった。あまりに高額なので、特別な大金持ちでなければこうした遊びは出来なかった。そのためか、江戸初期には70人以上もいた太夫の数は徐々に減り、元禄期(1688年〜1703年頃)には3〜4人になり、江戸中期頃にはいなくなったそうだ。

とはいえ、高級な遊女が全くいなくなったわけではなく、江戸中期頃からは、それまでの太夫より格が下だった「散茶(さんちゃ)女郎」の中から「昼三(ちゅうさん)」、いわゆる「花魁(おいらん)」と呼ばれる遊女が現れた。花魁と遊ぶのは、かつての太夫に比べればずっとリーズナブルだったが、それでも「呼び出し」の昼三(最も格上の遊女)と遊ぶには、1両1分(約15万円)必要で、他に祝儀代や飲食代もかかったそうだ。

江戸の庶民は、こうした高級な遊女とは縁がなく、1回1朱(約1万5000円)くらいの、部屋持の下のランクの遊女か、1回100文(約3000円)くらいの「廻り」と呼ばれる安い遊女と遊ぶのが一般的だった。ちなみに、ここの遊女たちは、みな給金前借りの年季奉公という形で働いていた。奉公する年季期間・本人の年齢・器量の良し悪し・もともとの身分などで、この給金の額はずいぶん異なる。実際、江戸後期の資料では、15年の年季で給金7両の者、2年の年季で15両の者など、さまざまな記録がある。

<コラム>宝くじの原点ともいえる「富くじ」

今も昔も一攫千金を夢見る庶民の気持ちに変わりはない。今も人気がある「宝くじ」だが、この始まりは江戸の「富くじ」にさかのぼる。有名なのは「江戸の三富」と呼ばれた谷中感応寺と湯島天神、目黒不動瀧泉寺の富くじだ。

初期の富くじは、紙ではなく木札を購入して、自分の住所と名前を書き、それを木箱に納めた。当選番号を決める「富突(とみつき)」の日には、僧侶が箱の札をかきまぜてキリで木札を突き、刺さった木札を買った人の住所氏名を読み上げる。一等賞金は1000両、500両、300両、100両などさまざまなタイプがあり、賞金額によって富札の値段も違っていたが、富札は高額で庶民が気軽に買えるものではなかった。

たとえば、千両富(一等賞金が1000両=約1億2000万円のくじ)では、富札が1枚1分(約3万円)もしたという。このため、何人かで1枚の札を買ったり、割り札(違法ながら、富札と同じ番号の札が30枚くらいに分けて安く販売されていた)を購入するなどして楽しんだ。売上から当選金合計を引いた差額は、開催した寺の収入となり、建物修復などの費用に使われていた。

江戸っ子の家計から見える、現代人との違い

貧しいけれどリサイクル上手※3、余分なお金を使わずゴミも出さず、スマートに暮らした江戸の人々。長屋暮らしでは、調味料の貸し借りやお惣菜のおすそ分けなどは当たり前で、貧しいながらも助け合い、明るくたくましく生きていたのではないだろうか。そこには、ごみ問題に苦しみ、プライバシーを重視して近所付き合いが薄れている東京とは、ずいぶん違った暮らしぶりが窺える。

ところで、江戸庶民の家計の中で現代と際立って違う点は、エンゲル係数が高めで、日々の衣食住にかかる支出が多いということ。そして、意外と住居費が少なめということだ。

江戸は、狭い土地に多くの人口を抱えていたので、地価が大変高く、庶民が家を持つことはほとんど不可能だった。そのため、多くは賃貸住宅に住んでいたが、家賃は現代と比較するとかなり安い。たとえば、最初の項で紹介した棒手振が住んでいたのは、都内のワンルームで、家賃は約9000円だ。なぜ家賃が安かったのかというと、長屋の持ち主の多くは裕福な地主であり、長屋を建てて貸すことは、家賃を稼ぐためではなく、自分達の余裕を還元するためだったからなのだ。こうした太っ腹の地主達のおかげで、江戸の住宅事情はとても恵まれたものであったといえる。

そんなこともあるからだろう、当時の人々には高額なマイホームを持とうという考えはなかった。今では、35年ローンを組んでまで、当たり前のように住宅を購入するが、江戸の人々は家を所有するという意識をあまり持たずに生活できたのだ。だから、大金を蓄えたり、借りたりすることもなかったし、生活の基本はあくまで日々の暮らしだった。住宅だけでなく、自動車、教育費といった高額の出費もなかった。ライフイベントに合わせて貯蓄したり、ローンを組んで暮らす現代と比べると、お金の感覚はかなり違っていただろう。

また、江戸時代には社会保障制度がなかったので、当然、健康保険や国民年金などの支出もなかった。この点も今とは大きな違いだ。当時は、医療費はそもそも非常に高かったし、老後は、子供の世話になったり、仕送りで暮らしたりするのが普通だった。病気や老後に対する公的な備えがない点では不安もあったかもしれない。ただし、江戸時代は、近所同士いつも助け合って生活していたので、恐らく孤独で不安に怯えることはなかっただろう。江戸っ子の「宵越しのお金を持たない」精神の奥には、頼れるのはお金より人、という意識がどこかにあったのかもしれない。

※3 江戸の町は、現代とは比較にならないほどリサイクルが徹底していた。物が壊れても簡単に捨てない。鍋や釜に穴が開けば、天秤棒に修理道具を担いでいる鋳掛屋(いかけや)に声をかけ、ハンダ付けでふさいでもらっていた。回収業者も多く、糞尿や灰は肥料として利用され、抜け毛は「おちゃない」という回収業者が集めてかもじ(添え髪)にした。ごみ投棄場は永代島にあったが、捨てられるごみはとても少なかったという。

参考資料

  • PHP研究所「目からウロコの江戸時代」武田櫂太郎
  • 実業之日本社「大江戸八百八町 知れば知るほど」石川英輔
  • 日本文芸社「数字で読むおもしろ日本史」淡野史良
  • 時事通信社「大江戸まるわかり事典」大石学

ほか

※記事内容はとくに記述のあるものを除いて、2006年10月10日現在のものです。

このページの先頭にもどる

保障内容、変更、共済金請求などのお問い合わせ

CO・OP共済「ご意見・ご要望」の窓口

ご加入手続きのながれ

加入者インタビュー