もっと知りたい!くらしのお金

詳細はこちら 資料請求・ご加入に関するお問い合わせ 0120-497-775

住宅ローンは借りた後も肝心!〜借り換え編

今回は、住宅ローンについて考えてみましょう。

 

住宅ローンは借りた後に返済総額を減らすことが可能です。その一つとして『借り換え』があります。『借り換え』とは、高金利時代に借りたローンを低い利率のローンに借り換えし、支払利息を軽減することです。手続きとしては、新たなローンを組んで、その借入金で先のローンを返すかたちになります。ただし、公的ローンから民間ローンに借り換えすることは可能ですが、その逆はできません。

 

『借り換え』を考える目安は次の3つです。

  • (1) ローン残高が500万円以上
  • (2) 残り期間が10年以上
  • (3) 金利差が1%以上

 

借り換えローンを利用される場合、新しくローンを組むための諸経費がかかることもお忘れなく!

保障内容、変更、共済金請求などのお問い合わせ

CO・OP共済「ご意見・ご要望」の窓口

ご加入手続きのながれ

加入者インタビュー