もっと知りたい!くらしのお金

詳細はこちら 資料請求・ご加入に関するお問い合わせ 0120-497-775

60歳過ぎの生活費、いくらかかるの?

定年退職したら、仕事をやめたら、その後の生活費はいくらくらいかかるのか、気になりますよね。
60歳過ぎの生活費を大きく分けると、食費・社会保険料・住居維持費・交際娯楽費・その他(水道光熱費等)の5種類になります。このうち、家族人数によって変わるのは食費です。60 歳過ぎに夫婦2人暮らしとなった場合の生活費は、子どもと同居時の7割ぐらいで計算しましょう。さらに夫婦どちらかが亡くなり、1人暮らしになった場合は、2人暮らしの時の7割程度が目安です。

 

■老後の生活費
例)夫60歳から夫婦2人で、月に平均25万円1人暮らしはその7割と仮定します。

【モデルケース】
夫:60歳…余命23年
妻:55歳…余命33年
(1)夫婦2人の毎月の生活費25万円
(2)妻1人の毎月の生活費17万円
(1)25万円×12ヶ月×23年=6,900万円 
(2)17万円×12ヶ月×10年=2,040万円 
合計8,940万円 

これだけの金額を貯めるなんてとても無理!と思うかもしれません。しかし、実際には老後の公的年金だけでも数千万円の支給があることも...。「ねんきん定期便」を見たり、年金事務所への問合せ、日本年金機構のホームページにある「ねんきんネット」で年金受給額の試算などをしてみて、改めて老後の生活を考えてみましょう。

保障内容、変更、共済金請求などのお問い合わせ

CO・OP共済「ご意見・ご要望」の窓口

ご加入手続きのながれ

加入者インタビュー