もっと知りたい!くらしのお金

詳細はこちら 資料請求・ご加入に関するお問い合わせ 0120-497-775

年末調整間近!知っておきたい生命保険料控除

年末調整とは、毎月の給与やボーナスから概算で源泉徴収した所得税を1年間分合計したあと、その人の1年間(1月から12月まで)の給与総額から計算した所得税の金額の調整や各種所得控除を行い、所得税を年末に再計算して精算することです。

そろそろ保険会社から「生命保険料控除」の案内がみなさんのお手元に届く頃ではないでしょうか。

「生命保険料控除」とは、納税者が1月1日〜12月31日の間に、生命保険料や個人年金保険料を支払った場合に受けることができる一定金額の所得控除のことで、「一般の生命保険料控除」と「個人年金保険料控除」とがあります。

「一般」と「年金」の合計により、所得税については最高10万円、住民税は7万円の所得控除が受けられましたが、平成24年からは、従来の生命保険料控除・個人年金保険料控除に加えて、介護医療保険料控除が新設されました。平成24年1月1日以降に締結した保険契約がある場合には、「一般」「年金」「介護医療」の各保険料控除の限度額は、所得税は4万円(合計で最高12万円)、住民税は2.8万円(合計で最高7万円)となります。

※所得控除とは、課税対象となる所得を少なくするもので、保険料を支払った分そのまま税金が安くなるわけではありませんので注意しましょう。

保障内容、変更、共済金請求などのお問い合わせ

CO・OP共済「ご意見・ご要望」の窓口

加入手続きの流れ

加入者インタビュー