もっと知りたい!くらしのお金

詳細はこちら 資料請求・ご加入に関するお問い合わせ 0120-497-775

年末調整間近!知っておきたい地震保険料控除

平成19年から新設された地震保険料控除とは、納税者が1月1日〜12月31日の間に、火災保険に付帯する地震保険契約の保険料(掛金)を支払った場合に受けることができる一定金額の所得控除のことです。所得税では最大で年5万円が所得から控除され、住民税では翌年より最大で年2万5千円が所得から控除されます。
なお、平成18年までに契約した経過措置の長期損害保険(契約期間が10年以上で満了時に満期返戻金等)の控除は、所得税については、長期は最高1万5千円、住民税は最高1万円の所得控除が受けられます。ただし、地震保険料控除と合わせて、所得税は5万円、住民税は2万5千円が限度となります。

※所得控除とは、課税対象となる所得を少なくするもので、保険料を支払った分そのまま税金が安くなるわけではありませんので注意しましょう。

保障内容、変更、共済金請求などのお問い合わせ

CO・OP共済「ご意見・ご要望」の窓口

ご加入手続きのながれ

加入者インタビュー