もっと知りたい!くらしのお金

詳細はこちら 資料請求・ご加入に関するお問い合わせ 0120-497-775

もらい火も自己責任!

今回は火災についてのお話です。

実は、隣の家からのもらい火も、自己責任って知っていましたか?

民法の中に明治32年に制定された「失火ノ責任ニ関スル法律」という古い法律があります。

条文は次の通りです。「民法第709条ノ規定ハ失火ノ場合ニハ之ヲ適用セス但シ失火者ニ重大ナル過失アリタルトキハ此ノ限ニ或ラス」 つまり、近所の家からのもらい火も、火元に重過失がなければ賠償責任は発生しません。よって、マイホームは自分で守るしかありません。しかし、過去の判例では、「台所から離れている間にガスコンロの天ぷら鍋が過熱し火災になった」「火災になりやすい気象状況で焚火をして燃え移った」「タバコの火の不始末から出火」といった例は重過失とみなされており、失火者は弁償しなくてはなりません。このようなケースに備えるには、個人賠償責任保険に加入しておくとよいでしょう。

火災により大きな損害を被るリスクへの備えとして、もう一度この時期に、わが家の火災保険(共済)についてもチェックしておきましょう。

保障内容、変更、共済金請求などのお問い合わせ

CO・OP共済「ご意見・ご要望」の窓口

加入手続きの流れ

加入者インタビュー