もっと知りたい!くらしのお金

詳細はこちら 資料請求・ご加入に関するお問い合わせ 0120-497-775

地震保険とは・・・

地震や台風などの自然災害はいつ起こるかわかりません。だからこそ、日頃からしっかり備えたいものですね。
今回は地震保険のしくみについてお話します。

火災保険では、地震・噴火・津波等による損害は補償されません(地震等による火災の損害については地震火災費用保険により一部補償される)ので、地震に備えるためには、地震保険を付けなければなりません。

地震保険は火災保険に付帯して契約する保険となっていますので、契約者から付帯しない旨の申し出がない限り、自動的に火災保険に付帯して契約されます(地震保険のみの契約は不可)。

地震保険の保険金額は、主契約である火災保険の保険金額の30〜50%範囲内で、建物は1被保険者1構内につき5,000万円、家財は1世帯1構内につき1,000万円を限度として任意に定めることができます。

ただし、1回の地震による支払保険金が6兆2千億円を超える場合には、保険金額が削減されます。また、内閣総理大臣が地震警戒宣言を発した時から警戒解除宣言が発せられるまでの間は、当該警戒宣言の対象地域内では、地震保険の新規契約、増額契約等はできません。

何かあってからではなく、前もって保障の備えを検討しましょう。同時に、耐震改修を行う、また防災グッズの準備や地域での避難場所など、家族で事前に確認することもお忘れなく。

保障内容、変更、共済金請求などのお問い合わせ

CO・OP共済「ご意見・ご要望」の窓口

ご加入手続きのながれ

加入者インタビュー