もっと知りたい!くらしのお金

詳細はこちら 資料請求・ご加入に関するお問い合わせ 0120-497-775

確定申告とは

給与所得者(会社員など)は、毎月の給与やボーナスから所得税を源泉徴収(天引き)されますが、給与所得者以外の人は確定申告をしなければなりません。

また、給与所得者でも、次の要件に該当する人は確定申告をしなければなりません。

  • その年の給与の収入金額が2,000万円を超える人
  • 給与を1か所から受けていて、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円を超える人
  • 給与を2か所以上から受けていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)との合計額が20万円を超える人

その他、給与について、災害減免法により源泉徴収税額の徴収猶予や還付を受けた方や、給与の支払いを受ける 際に源泉徴収されない方なども確定申告が必要です。
確定申告は、毎年2月16日から3月15日までの間に、住所地の税務署で行います(郵送で提出可)。また、国税庁のホームページの「確定申告書作成コーナー」で作成した申告書を郵送することもできるようになりました。申請が必要な方は、国税庁のホームページをご覧ください。

保障内容、変更、共済金請求などのお問い合わせ

CO・OP共済「ご意見・ご要望」の窓口

加入手続きの流れ

加入者インタビュー