もっと知りたい!くらしのお金

詳細はこちら 資料請求・ご加入に関するお問い合わせ 0120-497-775

確定申告〜1年間で医療費10万円超えた!?

今回は、確定申告の医療費控除についてお話しします。

自分や家族(生計を一つにする親族)の病気やケガにより、その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費がある時、確定申告で医療費控除を申請すると税金が戻ることがあります。これを医療費控除といいます。

医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)です。

(実際に支払った医療費の合計額 −『保険金などで補てんされる金額(*)』)−「10万円(注)」

(*)『保険金などで補てんされる金額』とは、生命保険契約などで支給される入院費給付金、健康保険などで支給される療養費・家族療養費・出産育児一時金などのこと。

(注)その年の所得金額の合計額が200万円未満の人はその5%の金額。

医療費控除の対象になる医療費とならない医療費があります。

■医療費控除の対象となる医療費・ならない医療費(一部)

対象となるもの:医師・歯科医師による診察代、治療代、治療・療養のための医薬品購入代金、助産師による分娩の介助料など
対象とならないもの:医師に対する謝礼、健康診断・美容整形の費用、健康増進のための医薬品購入、通院のためのガソリン代など

昨年1年間の医療費が10万円を超えている方は、一度チェックしてみましょう。レシートを年末まで保管しておくといいですね。

保障内容、変更、共済金請求などのお問い合わせ

CO・OP共済「ご意見・ご要望」の窓口

加入手続きの流れ

加入者インタビュー