もっと知りたい!くらしのお金

詳細はこちら 資料請求・ご加入に関するお問い合わせ 0120-497-775

預金は1,000万円までしか守られない??

今日は、預金の保護についてお話します。

みなさんは「ペイオフ」をご存知ですか?2002年3月末日までは、銀行等が経営破綻しても、預金者の元金と利子は全額保証されましたが、2002年4月1日から、定期預金については1人当たり1金融機関1,000万円までの元本とその利息しか保証されない「ペイオフ」が実施されています。また、2005年4月1日以降、利息のつく普通預金もペイオフの対象になりました(決済用預金で、(1)無利息(2)要求払い(3)決済サービスを提供できること、という3条件をみたすものは全額保護)。

1,000万円以上預貯金をもっている場合は、金融機関の信頼性をチェックし、不安なときは1,000万円ずつ金融機関を分けて管理することをおすすめします。逆に、「1,000万円なんか貯まっていない!」という方は、あせって預金で不動産を購入したり、変額保険に入ったりしなくても大丈夫なのです。

保障内容、変更、共済金請求などのお問い合わせ

CO・OP共済「ご意見・ご要望」の窓口

加入手続きの流れ

加入者インタビュー