共済・保険ニュース

詳細はこちら 資料請求・ご加入に関するお問い合わせ 0120-497-775

共済ニュース

全労済、環境活動団体に総額1700万円を寄付(2017.02.02)

全労済では、毎年の決算および「エコ住宅専用 全労済の住まいる共済」の契約状況に応じて、環境活動団体への寄付を実施しているが、このほど寄付先として「公益社団法人国土緑化推進機構(「緑の募金」使途限定募金)」「公益財団法人日本環境協会」「公益財団法人日本自然保護協会」「公益社団法人日本ナショナル・トラスト協会」の4団体を選定。1月12日に全労済会館で寄付金贈呈式を行い、選定した環境活動団体へ総額1700万円を寄付した。2007年度以降の寄付金の累計は、8240万円(延べ18団体)となった。

このページトップへ

全労済、公式キャラクター「ピットくん」のLINEスタンプを配信(2017.01.30)

全労済では、LINEが運営する無料通話・無料メールアプリ「LINE(ライン)」において、1月31日から全労済公式キャラクター「ピットくん」のLINEスタンプを配信する。LINEスタンプは、全労済LINE公式アカウントを「友だち」登録すると、誰でも無料でダウンロードできる。

これに加えて、2月1日からは、全労済の店舗でもらえるLINEスタンプも配信する。このLINEスタンプは全労済の店舗で配布するチラシ記載のQRコードからアクセスして、簡単なアンケートに答えるとダウンロードできる。

このページトップへ

JA共済連、国立がん研究センターとがんに関する情報提供で包括的連携協定を締結(2017.01.30)

JA共済連は、昨年12月21日に国立がん研究センターとがんに関する情報提供について包括的連携協定を締結した。がんは、国民の2人に1人が罹患し、死亡原因の第1位となっており、今や国民病ともいわれるほど、日本人にとって身近で重大な疾病となっている。こうした現状を踏まえて、JA共済連では、農家・組合員や地域住民に向けて、国立がん研究センターが有する情報を積極的に発信し、がんに関する正しい知識の修得やがん予防による健康寿命の延伸、また、がん患者とその家族の不安軽減や生活の質の向上などの支援を行い、農業振興・地域振興につなげていく。

具体的な取り組みでは、がんに関する正しい情報に触れる機会として、世界各国でがんに関する啓発行事が行われる2月4日の「世界がんデー」にあわせて、チラシ等でがんに関する情報提供を行う。

国立がん研究センター協力・監修のもと、がんに関する統計データや正しい知識を得るための情報サービスの案内等を掲載したJA共済のオリジナルチラシを作成し、全国のJA窓口での配付や、LA(ライフアドバイザー)が農家・組合員を訪問した際などにはタブレット端末に格納した同チラシを用いて、がんに関する情報提供・注意喚起を行う。また、オリジナルチラシのほか、国立がん研究センターのがん対策情報センターが作成したチラシ「がんのことならがん情報サービス」を全国のJA窓口等で配る。

国立がん研究センターは、1962年に日本のがん医療・がん研究の拠点となるナショナルセンターとして設立され、「社会と協働し、全ての国民に最適ながん医療を提供する」ことを理念に活動している。

このページトップへ

全労済、共済商品の改定を実施(2017.01.12)

全労済では、これまでに寄せられた組合員・顧客の声の反映や、共済金支払いの際の制度内容の改善を目的として、2月1日から共済商品を改定する。

主な改定内容

(1)被共済者(加入者)になることができる人の範囲拡大

これまで範囲外であった、契約者と同一生計の契約者または契約者の配偶者の「継父母(父または母の再婚相手)」と「子の配偶者(嫁・婿)」を加入者となることができるようにする。

  • 対象となる共済商品:こくみん共済、新総合医療共済、新せいめい共済、ねんきん共済、いきいき応援

(2)病気入院共済金の支払要件の緩和

これまでは、1回の入院日数の限度まで共済金を支払った後、退院日から180日以内に同一の原因による入院を繰り返した場合、共済金を支払うことができなかった。今後は、同一の原因による入院であっても、共済金が支払われた最後の入院の退院日の翌日から180日経過後に開始した入院については、新たな入院として、支払対象とする。

例(1回の入院の限度日数180日の場合)

【改定前】

限度日数180日分を支払った後に再入院を繰り返し、その間隔が180日以内の場合は、再入院に対して支払うことができない。

【改定後】

限度日数180日分を支払った後に再入院を繰り返し、その間隔が180日以内であっても、支払対象となる入院の最終日(180日目)を含む入院の退院日の翌日から起算して、181日以上経過した後の再入院については新たな入院として支払いが可能となる。

  • 対象となる共済商品:こくみん共済、新総合医療共済、新せいめい共済、いきいき応援、団体生命共済

このページトップへ

  • 共済金のご請求 0120-770-172
  • 各種お手続き 0120-770-806
  • コープ火災共済に関するお問い合わせはこちら
  • インターネット手続きサービス ログイン
  • その他のお問い合わせ窓口一覧
  • ご請求忘れはありませんか?
  • コープ共済《たすけあい》に先進医療特約誕生!