#25 重度障がい状態になったら、
掛金払い込みが免除されるんですね。

その他
image thumbnail

長生きする時代。医療保障は一生涯あったほうがいいと思っています。でも、終身の医療保障は掛金を、60歳とか70歳、払い込み方法によっては一生涯払い続けないといけないですよね。でも、その年齢まで自分たちに何もなくずっと払い続けられるかどうか不安です。例えば、大きな事故や病気で重度障がい状態になり、働けなくなったらと想像したら・・・、きっと払えないと思います。でも、やっぱり一生涯の保障は安心感が違うから、加入したいなと思っていました。

コープの宅配の人がすすめてくれた終身の医療保障。重度障がい状態になったら掛金の払い込みが免除されるというのは、いいなと思いました。これまでかけてきた保障をずっと続けたいと思うのは当然です。その思いをちゃんと汲み取り、困難な状況に置かれた時こそ、力になってくれるコープ共済。夫婦で加入を決めました。これから先の長い人生を託すのだから、信頼できる保障を選びたいですよね。

《ずっとあい》終身医療の場合。

一生涯の保障を準備するなら《ずっとあい》がおすすめ!

  • 一生涯の生命保障

    • 加入時からずっと変わらない掛金で、一生涯の生命保障を用意できます。
    • 万一途中で解約された場合、解約返戻金があります。
    • 余命6ヶ月以内と判断された場合、リビングニーズ共済金があります。
  • 一生涯の医療保障

    • 加入時からずっと変わらない掛金で、一生涯の入院・手術の保障を用意できます。
    • 1入院1日目から180日分までをしっかり保障します。
    • 重度障がい状態になった場合、それ以降の掛金はいただきません。
    • CO・OP共済では、労働者災害補償保険法施行規則の障害等級表の1級、2級、3級の②③④の状態になった場合を重度障害と判断しています。