#26 子どもに終身のプレゼント

子ども
image thumbnail

私自身は、子どもに終身の保障はまだいらないかなって思っていました。ある日、母と話をしていたら、「今のうちに入っておくべきよ」とすすめられました。私、知らなかったんです。終身の保障は加入時の掛金がずっと続くんですね。若いうちに加入しておけば、負担の少ない掛金で一生続けられることを教えてもらって、それなら子どもが小さい今、入っておくべきだなと思いました。きっといつかは終身の保障のことを考える時が来ると思うので、その時に後悔しないためにも加入を決めました。

社会人になるまでは、親の私たちが払い続けて、将来的には子どもにバトンタッチしようと思っています。子どもの未来をささえる“一生涯の安心”を独立のお祝いにプレゼントしたいです。親ができることは限られているけど、最大限のことをしてあげたいと思うのが親心。大きくなった子どもに感謝してもらえそうです。

一生涯の保障を準備するなら《ずっとあい》がおすすめ!

  • 一生涯の生命保障

    • 加入時からずっと変わらない掛金で、一生涯の生命保障を用意できます。
    • 万一途中で解約された場合、解約返戻金があります。
    • 余命6ヶ月以内と判断された場合、リビングニーズ共済金があります。
  • 一生涯の医療保障

    • 加入時からずっと変わらない掛金で、一生涯の入院・手術の保障を用意できます。
    • 1入院1日目から180日分までをしっかり保障します。
    • 重度障がい状態になった場合、それ以降の掛金はいただきません。
    • CO・OP共済では、労働者災害補償保険法施行規則の障害等級表の1級、2級、3級の②③④の状態になった場合を重度障害と判断しています。