ニューストピックス

詳細はこちら 資料請求・ご加入に関するお問い合わせ 0120-497-775

マイナンバーのご申告のお願いについて

マイナンバー制度の導入にともない、2016年1月からマイナンバーに関する書類のご提出をお願いすることがございますので、ご協力をお願いいたします。

特に多くお寄せいただいているお問い合わせ

Q1
マイナンバーとはなんですか?
A1
マイナンバー(個人番号)とは、国民一人ひとりが持つ12桁の番号のことです(政府広報オンラインより)。2015年10月から住民票を有する全ての方に一人一つの番号を付して、社会保障や税に関する情報を一元管理する制度です。マイナンバー制度の詳しい内容については、政府広報オンラインをご覧いただくか、内閣府のマイナンバー総合フリーダイヤルにお問い合わせください。
 ※マイナンバー総合フリーダイヤル 0120−95−0178
Q2
どんなときにマイナンバーを申告するのですか?
A2
死亡・満期・解約などで支払金額が100万円を超える場合に必要となります。
所得税法・相続税法により支払者(コープ共済連)から所轄税務署へ支払調書の提出が義務付けられており、支払調書にマイナンバーの記載が必要となります。共済金などをお支払した後、お支払金額が100万円を超えた場合にご申告書類を送付いたします。
Q3
誰のマイナンバーが必要になるのですか?
A3
共済契約のご契約者、共済金などを受け取られた方のマイナンバーをご申告いただきます。マイナンバーをご申告いただく方には、お一人に一通のマイナンバー申告書類を送付いたします。マイナンバー申告書類がお手元にとどきましたら、ご申告ください。

※コープ共済連の「特定個人情報の適正な取り扱いに関する基本方針」についてはこちらをご覧ください。

保障内容、変更、共済金請求などのお問い合わせ

CO・OP共済「ご意見・ご要望」の窓口

ご加入手続きのながれ

加入者インタビュー