小・中・高で多いケガや病気に備えて。

この時期に備えたいのは、ケガの保障。遊んでいる時や部活など、ケガはつきものですよね。骨折や交通事故など大きなケガも心配ですが、ちょっとしたケガでの通院にも備えられたらいいですね。また、中高生の通学中に多い自転車での事故への備えも忘れずに。

<意外に多い!?ケガによる通院>

《たすけあい》ジュニア20コースのお支払い件数 内訳

《たすけあい》ジュニアコースのお支払い件数 内訳

2016年3月21日~2017年3月20日
《たすけあい》共済金お支払いデータより

おすすめの保障プランを見る

お子さまに多いケガ通院の例

彫刻刀で指を切った。
彫刻刀で指を切った。
部活で足をくじいた。
部活で足をくじいた。
スキーで転んで骨折した。
スキーで転んで骨折した。
ドッジボールでつき指した。
ドッジボールでつき指した。

※実際のお支払いは共済金請求書ご提出後の判断となります。

おすすめの保障プランを見る

TOPICS

日常生活での思いがけない事故による、法律上の賠償責任を負った場合の保障を準備。

他人のものを壊したり、他人にケガをさせたりした場合の賠償責任に備えておくと安心です。特に自転車事故では、高額な賠償になるケースがみられます。

<加害者の年齢は中・高校生が約4割!>

自転車の事故による高額な賠償請求があったケース
子どもの学習費総費用(小学校から高校卒業まで12年間)
2014年4月1日~2017年3月31日CO・OP共済《たすけあい》任意付帯の個人賠償責任保険 支払保険金500万円超(80件)のデータより
B18-0382-20190601
交通弱者(特に高齢者)が自転車乗用中の事故による被害に多く遭っています。(平成29年 警察庁データより)交通ルールを守り、思いやりを持った運転を心がけましょう。