出産準備で保障も準備!

出産の準備中はいろいろなことを考えますよね。ママの保障も準備して、安心して出産を迎えたいものです。通常の出産は病気ではないので、通常、保険・共済などの支払対象となりませんが、万一、手術が必要な帝王切開や早産での入院などに備えてママ自身の医療保障を考えておきましょう。

(注)
ご加入には一定の条件があります。お申し込みの際には、健康状態についての質問に回答いただくことが必要です。詳しくはお問い合わせください。
※申込日以前の5年間に帝王切開をされた方は、条件付加入制度でお申し込みいただけます。
※妊娠に関して、健康保険適用の診察や治療、薬の処方等を受けている方は、お申し込みいただけません。
※正常分娩の場合は、共済金はお支払いできません。

<一般病院における帝王切開娩出術の割合>

出産に占める割合

出産に占める割合

厚生労働省 平成28年「我が国の保健統計」より

おすすめの保障プランを見る

TOPICS<出産費用はどのくらいかかるの?>

例えばMさんの場合(帝王切開 7日間入院)
※掲載内容はあくまでも例です。実際のお支払いは共済金請求書ご提出後の判断となります。

出費

医療費の自己負担3割分(入院料、手術、医学管理など)81,614円
医療費の自己負担3割分(入院料、手術、医学管理など)81,614円
食事療養料5,040円
食事療養料5,040円
差額ベッド代72,000円
差額ベッド代29,000円
分娩介助料26,700円
分娩介助料267,000円
新生児保育料30,000円
新生児保育料30,000円
その他保険外負担105,000円
その他保険外負担105,000円
合計517,654
※上記は、あくまでMさんの場合の費用です。入院・分娩費用の全国平均は1人あたり約46.0万円です。
(令和元年 厚生労働省調査)

一時金+共済金

  • 出産育児一時金(注1)420,000円
  • 《たすけあい》
    大人向け2000円コース(女性)共済金額(注2)96,000円

出産後の入院7日間(入院共済金6,000円+女性入院時諸費用サポート2,000円)× 7日分
帝王切開の手術共済金 40,000円
※2022年9月1日以降発生事由の場合です。

戻ってきた!

合計516,000
(注1)健康保険から支給される出産育児一時金は平成27年1月現在では、原則42万円です。(令和2年12月 厚生労働省保険局発表)
(注2)通常分娩の場合は、共済金はお支払いできません。