知っておきたい!健康と医療!

詳細はこちら 資料請求・ご加入に関するお問い合わせ 0120-497-775

今月のテーマ『子どもが粉薬を嫌がって飲みません。何かよい方法はありますか。』

子どもが粉薬を嫌がって飲みません。何かよい方法はありますか。

子どもがなかなかお薬を飲んでくれない、口に入れてもすぐ出してしまうなど、飲ませるのに大変な思いをしている話をよく聞きます。
お薬は、基本的には水やぬるま湯で飲むようにいわれています。しかし、子どもは粉薬のにおいや味などが原因で内服を嫌がることがあります。
飲みやすくなるように、次のような方法で工夫をしてみてはいかがでしょうか。

1少量のぬるま湯や飲み物に混ぜて、スプーンやスポイトで少量ずつむせない程度に口の奥に流し込む。

2少量のぬるま湯で溶かして団子状にし、指で頬の内側へ塗ったあと、水やぬるま湯を飲みお薬を流し込む。

3病院の売店や薬局などで購入できる、ゼリー状のオブラートを使用する。

4少量のプリンやアイスなどの食品に混ぜる。

5少量のジュースで溶かして凍らせる。

混ぜる飲み物は、味が濃いまたは甘みが強いもの、例えばココアなどをおすすめします。ただし、飲食物に混ぜたり、溶かした際、時間が経つとコーティングがはがれて苦味が増したり、お薬の成分が不安定になる可能性もあるので、作り置きはせずにすぐに飲ませましょう。

また、注意点として、酸味がある柑橘系のフルーツジュースや、乳酸菌飲料と混ぜると、苦味がよけいに増すお薬が多数ありますので、避けるよう注意が必要です。
苦味を避ける上で、噛む必要のある食べ物も不向きです。

乳児の場合、ミルクに混ぜると、味が変わってミルク嫌いになってしまう場合があります。赤ちゃんがミルクを飲まなくなったら大変です。
乳児は混ぜる飲食物が限られますので、上記2同様、少量のぬるま湯で溶かして団子状にし、指で頬の内側や上顎へ塗ったあと、白湯でお薬を流し込む方法をおすすめします。または、乳児が摂取しても問題のない単シロップを分けてくれる調剤薬局もあります。
どうしてもミルクに混ぜる場合は、少量のミルクに溶かして飲ませ、その後に普通のおいしいミルクを飲ませるようにしましょう。

お薬によっては、溶かしたり混ぜたりすることで吸収が悪くなるなどお薬の効果に影響を及ぼすものもあります。大人の薬と一緒で、個々の薬の飲み方の注意点については、薬剤師に相談するのがよいと思います。

●東京海上日動メディカルサービス 発行

このページの先頭にもどる

保障内容、変更、共済金請求などのお問い合わせ

CO・OP共済「ご意見・ご要望」の窓口

ご加入手続きのながれ

加入者インタビュー