家の保障 身近な被害から万一の災害まで充実保障でくらしを守ります。

詳細はこちら 資料請求・ご加入に関するお問い合わせ 0120-497-775 火災共済 加入に関してはこちら

家の保障

身近な被害から万一の災害まで充実保障でくらしを守ります。

火災共済+自然災害共済

家の保障のチェックポイントは?

1加入基準を目安に

元通りの生活を再建させるのにどれくらいの費用がかかるか、その目安となるのが「加入基準」です。
加入基準は、住宅の構造や広さはもちろん、所在地や家族の人数、世帯主の年齢などによっても変わってきます。コープ火災共済では、満期継続時に生活の変化などに合わせて加入額の見直しをおすすめしています。

2家財の保障をお忘れなく

住宅の保障には加入していても、意外と見落としがちなのが家財の保障です。例えば、住宅ローンを借り入れするときに加入した火災保険では、「住宅」の加入が義務付けられていたが、「家財」には加入していなかったという場合もあります。住宅だけが元に戻っても家財なしには元の生活はできません。世帯主が40代の4人家族では2,000万円相当の家財があるといわれ、買い直すには大変な金額です。ご自身で家財の保障に加入して備えることが必要です。

3条件やニーズに合った組み合わせを選択

持ち家が借りている住宅(借家)か貸している住宅(貸家)かで、加入の条件が異なります。「住宅」と「家財」の組み合わせによって、持ち家の場合は3パターンから選べます。借家の場合は「家財」のみ、貸家・アパート等を所有の方は「住宅」のみ加入できます。右表を参照のうえ、必要に応じてご加入ください。

火災共済 自然災害共済
住宅 家財 住宅 家財
持ち家
加入加入
加入加入せず×
加入せず加入×
借家×加入×
貸家加入××

◯:任意に火災共済と同口数で加入ができます。

×:加入はできません。

加入者からの「ありがとう」の声

加入していてよかった!(豪雨)
集中豪雨による浸水被害を体験して、初めてコープ火災共済に加入していてよかったと思いました。
他の方にもまさかの時にそなえて火災共済に加入することをおすすめしたいと思います。
(関東・甲信越の組合員さん)
気軽に聞けてよかった!(落雷)
落雷で電話が壊れてしまい、生協の方に相談したら、請求用紙をいただいて、記入の仕方をおしえてもらい、スムーズに提出することができました。支払いも早かったのでびっくりしました。いつも品物を配達していただく生協の係の人に気軽に聞くことができるので助かります。
(東海・北陸の組合員さん)
保障の大切さを痛感!(火災)
保障はおまじないくらいに思っていましたが、火事に遭ってその必要性とありがたさを知りました。近隣の方のすばやい対応のおかげで、内部だけの焼失ですみ、また頂いた共済金で修復工事代のほとんどをまかなえました。調査の方にも親切に対応していただき、感謝しています。
(関西の組合員さん)

(注)お支払い内容や共済金請求書類につきましては、ご契約内容・ご請求内容によって異なります。

火災共済+自然災害共済
  • 火災や落雷、地震・風水害・火山の噴火などから大切な住まいと家財を守ります。
  • 他人の住居からの水漏れや消火作業による冠水・破壊なども保障されます。
  • 盗難による損害なども保障されます。
近くの生協を探す ※コープ共済にご加入いただくには、居住地域の生協の組合員となっていただく必要があります。

保障内容、変更、共済金請求などのお問い合わせ

CO・OP共済「ご意見・ご要望」の窓口

ご加入手続きのながれ

加入者インタビュー

d90g14066