控除証明書(共済掛金払込証明書)について

  • お届けする書類について
  • 保険料控除制度について
  • 保険料控除申告書の書き方
  • 控除証明書の再発行について
  • よくあるご質問

給与所得者の保険料控除申告書への書き方について

給与所得者の保険料控除申告書(以下「申告書」)への転載方法についてご案内いたします。

お手元に準備いただく資料

以下の2つの資料をご準備ください。

保険料控除申告書

※給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書(国税庁ホームページより転載)

控除証明書(共済掛金払込証明書)

※画像はイメージです。実際の金額とは異なります。

ご記入方法

《たすけあい》《あいぷらす》《ずっとあい》すべての商品で、保険料控除申告書への記入方法は同じです。
ここでは《たすけあい》を例にご記入方法をご説明します。

【例】《たすけあい》

STEP1
契約の基本情報を確認し、記入する

「保険会社名」「保険種類」「保険期間」「契約者氏名」「受取人氏名」「続柄」を記入します。

STEP2
新・旧の区分を選択し、本年中に支払った保険料を記入する

「控除証明書」に「新制度」という記載があれば「新」に○、「旧制度」という記載があれば「旧」に○をつけます。

STEP3
本年中に支払った保険料を「新旧区分」ごとに合計し、記入する
  • 「新制度」の金額を合計し、A欄に記入
  • 「旧制度」の金額を合計し、B欄に記入
STEP4
保険料控除額を計算式を用いて計算し、記入する
  • A欄の金額を「計算式T(新保険料等用)」にあてはめて計算し、@欄へ記入
    ※40,001円以上でも最高40,000円
  • B欄の金額を「計算式U(旧保険料等用)」にあてはめて計算し、A欄へ記入
    ※50,001円以上でも最高50,000円

控除額の計算表(所得税)

  年間の払込保険料 控除額の計算式
20,000円以下 払込保険料全額
20,001円〜40,000円 払込保険料×1/2+10,000円
40,001円〜80,000円 払込保険料×1/4+20,000円
80,001円以上 一律に40,000円
25,000円以下 払込保険料全額
25,001円〜50,000円まで 払込保険料×1/2+12,500円
50,001円〜100,000円まで 払込保険料×1/4+25,000円
100,001円以上 一律に50,000円

計算ツールを使用する

STEP5
最終的な保険料控除額を記入する
  • @欄とA欄の合計をB欄へ記入  ※40,001円以上でも最高40,000円
  • A欄とB欄のいずれか大きい金額を(ィ)欄へ

※画像はイメージです。実際の金額とは異なります。

※「e-Tax」など確定申告等のお手続や記入に関するご不明な点につきましては、所轄の税務署等にお問い合わせください。

※当会以外の証明書をお持ちの場合は、あわせてご申告ください。なお、他団体様・他社様発行の生命保険料控除証明書の見方などにつきましては発行元へお問い合わせください。

※ご加入している共済契約や保険契約の控除証明額を申告書に書ききれない場合は、お勤め先にご確認ください。

控除証明書の再発行について

控除証明書を紛失された場合、下記フリーダイヤルまでお問い合わせください。
0120-50-9431
受付時間 9:00〜18:00 月〜土(祝日含む)

よくあるご質問

  • 共済金のご請求について 0120-80-9431
  • ご加入やご契約について 0120-50-9431
  • コープ火災共済に関するお問い合わせはこちら
  • インターネット手続きサービス ログイン
  • その他のお問い合わせ窓口一覧
  • ご請求忘れはありませんか?
  • コープ共済《たすけあい》に先進医療特約誕生!

よくあるご質問

控除証明書(共済掛金払込証明書)