共済金請求のお手続き 共済金のお支払い事例 事故(ケガ)通院共済金(固定具装着について)

事故(ケガ)通院共済金(固定具装着について)

対象商品:たすけあい あいぷらす ずっとあい

2019年8月31日までに発生した不慮の事故によるケガの場合

不慮の事故によるケガの治療のため、事故日から180日以内かつ共済期間中に固定具を装着し、次の(1)(2)のいずれかに該当する日がある場合は、1日につき0.5日分を通院日数に加えて事故(ケガ)通院共済金をお支払いします。
ただし、入院期間、通院日と重複する日は除きます。

(1)医師の指示にもとづき、骨折、脱臼、筋・腱・靱帯断裂(損傷を含む)の治療のために固定具を常時装着した場合
(2)医師の指示にもとづき、ギプス、ギプスシーネ、ギプスシャーレ、シーネ、その他これらに類するものを常時装着した場合

※固定具には、内固定、サポーター、テーピング、包帯、絆創膏等は含みません。
※手の中指・薬指・小指、足指、鼻、歯のみの固定は対象外です。
※事故(ケガ)通院共済金は、1回の事故につき固定具の共済金も含めて90日を限度にお支払いします。

2019年9月1日以後に発生した不慮の事故によるケガの場合

不慮の事故によるケガの治療のため、事故日から180日以内かつ共済期間中に固定具を装着した場合、装着期間にかかわらず、通院日数に加えて10日分の事故(ケガ)通院共済金をお支払いします。

※固定具には、内固定、サポーター、テーピング、包帯、絆創膏等は含みません。
※事故(ケガ)通院共済金は、1回の事故につき固定具の共済金も含めて90日を限度にお支払いします。

事故(ケガ)通院共済金の対象となる代表的な固定具についてはこちら

お支払いできる場合
階段から転落して手首を骨折し、治療期間中に医師の指示のもと常時ギプスを装着していました。
お支払いできない場合
サッカーの試合中、足首を打撲し、湿布と包帯を装着していました。

※お支払い事例はあくまでも例です。実際のお支払いの判断にあたっては、ご提出の書類を確認のうえ、お手続きを進めさせていただくことをご了承ください。

固定具装着での保障について

お支払い事例(ジュニア20 J1000円コースにご加入の場合)

クラブ活動での運動中、足首を骨折。
3回通院治療をしました。
通院期間中は医師の指示のもとギプスを装着しました。

2019年8月31日までに発生した不慮の事故によるケガの場合

実通院日数は3日間ですが、お支払い対象となる固定具を装着しているため、通院していない12日×0.5=6日間についても事故(ケガ)通院共済金をお支払いします。

2019年9月1日以後に発生した不慮の事故によるケガの場合

実通院日数は3日間ですが、お支払い対象となる固定具を装着したため、通院日数10日分を加えてお支払いします。

  • 共済金のご請求について 0120-80-9431
  • ご加入やご契約について 0120-50-9431
  • コープ火災共済に関するお問い合わせはこちら
  • 共済マイページ ログイン
  • その他のお問い合わせ窓口一覧
  • ご請求忘れはありませんか?
  • コープ共済《たすけあい》に先進医療特約誕生!