共済・保険ニュース

詳細はこちら 資料請求・ご加入に関するお問い合わせ 0120-497-775

過去の生命保険ニュース 2013年5月

2013.05.31

クレディ・アグリコル生命、新生銀行で豪ドル建て変額個人年金保険を販売

2013.05.31

朝日生命、むさし証券で「あんしん介護」を販売

2013.05.29

マスミューチュアル生命、関西アーバン銀行で「円建終身プラス」を販売

2013.05.28

富国生命、日比谷アカリテラス2013で福島県応援活動

2013.05.27

第一生命、消費者教育教材資料表彰で最優秀賞

2013.05.24

三井住友海上プライマリー生命、死亡保障充実特約付通貨選択利率更改型終身保険を販売

2013.05.24

三井住友海上あいおい生命、ポリオワクチン購入費用を寄付

2013.05.23

第一生命、「私が選ぶサラ川ベスト10」全国投票結果を発表

2013.05.22

東京海上日動あんしん生命、名画「落穂拾い」をモチーフにした新CM放映

2013.05.22

富国生命、6月に福島県応援活動を実施

2013.05.22

日本生命の確定拠出年金コールセンター、HDI「五つ星認証」取得

2013.05.22

三井住友海上あいおい生命、日本脳卒中協会から感謝状

2013.05.22

楽天生命、インターネット経由の申し込み1000件突破

2013.05.21

明治安田生命、新社長に根岸常務執行役

2013.05.20

チューリッヒ生命、ストレス性疾病の長期入院を保障する新商品発売

2013.05.20

第一生命、「親子で!家族で!スマイルキャンペーン」を実施

2013.05.20

東京海上日動あんしん生命、7月16日に本社移転

2013.05.20

三井生命、投資信託総合取引サービスを終了

2013.05.15

朝日生命、中期経営計画の進捗状況

2013.05.15

第一生命、新中期経営計画「Action D」を策定

2013.05.15

ライフネット生命、岩瀬副社長が社長兼COO

2013.05.15

生保文化センター、第51回中学生作文コンクールの作品募集

2013.05.14

ネクスティア生命が社名変更、アクサダイレクト生命に

2013.05.14

AIG富士生命、ゴールドリボンウオーキング2013に参加

2013.05.10

オリックス生命、定期保険の保険料を引き下げ

2013.05.10

メディケア生命、保有契約件数15万件を突破

2013.05.09

チューリッヒ生命、小児・若年者がんの疾患啓発チャリティーライブ東京に特別協賛

2013.05.02

明治安田生命、助産師の奨学金制度へ寄付金贈呈

2013.05.02

日本生命、保険の加入検討する顧客向けコンテンツをリニューアル

2013.05.01

プルデンシャル生命、特例子会社のクッキーがモンドセレクションで金賞

このページトップへ

クレディ・アグリコル生命、新生銀行で豪ドル建て変額個人年金保険を販売(2013.05.31)

クレディ・アグリコル生命は、新生銀行と生命保険募集代理店委託契約を締結し、同行を通じて、6月3日から変額個人年金保険(豪ドル建)「デュアルボックス」の販売を開始する。積立期間中は、満了時の年金原資額として「基本保険金額(豪ドル建て)の105%の確保とそれ以上の成果」を目指して運用する豪ドル建ての変額個人年金保険で、解約払戻金の円換算額が目標額以上に到達した場合には、円建ての運用成果を自動的に確保する。また、死亡保険金の最低保証がある。

このページトップへ

朝日生命、むさし証券で「あんしん介護」を販売(2013.05.31)

朝日生命は、6月1日からむさし証券で「あんしん介護(年金)・(一時金)」の販売を開始する。公的介護保険制度に支払要件を完全に連動させた介護保障を準備できる商品。なお、「あんしん介護」は、「介護終身年金保険(返戻金なし型)(2012)」と、「介護一時金保険(返戻金なし型)(2012)」の2商品を総称した販売愛称である。

主な特徴

支払要件が公的介護保険の要介護認定に完全連動している
要介護1以上に認定された場合、以後の保険料払い込みが不要となる
  • 自立・要支援に認定された場合には、保険料払い込みは不要とならない。
  • 保険料払い込みが不要となった後に、要介護状態に該当しなくなった場合でも、保険料払い込みは不要。
要介護1以上から一生涯にわたって介護年金を受け取ることができ、また要介護3以上で介護一時金を受け取ることができる
  • 介護年金額は、要介護度(1〜5)に応じて変動する。
  • 第2回目以後の介護年金の受け取りについて、要介護1以上に該当しない場合は、以後の介護年金は受け取りが中断され、その後該当した場合には、受け取りが再開される。

このページトップへ

マスミューチュアル生命、関西アーバン銀行で「円建終身プラス」を販売(2013.05.29)

マスミューチュアル生命は、関西アーバン銀行を通じ6月3日から「マスミューチュアル円建終身プラス」[正式名称:積立利率金利連動型終身保険(確定積立金区分型)]の販売を開始する。

主な特徴

契約時に決まる確定額が毎年積み上がり、確定積立金が増加する

※確定額は契約日から25年後(積立利率計算基準日)に変更され、その後生涯にわたり適用される。

「自由に受け取る」「定期的に受け取る」の2つのコースから選択できる

増加した確定積立金がいつでも受け取れる「積立コース」と、確定額を毎年、定期支払金として受け取れる「定期支払コース」から選択できる。
※定期支払コースは、定期支払特約の付加により、契約時のみ選択できる。

一生涯の死亡保障が確保できる

死亡保険金額は、一時払保険料相当額(基本保険金額)が最低保証されている。
※積立コースの場合は、被保険者死亡時の確定積立金額もあわせて受け取れる。

このページトップへ

富国生命、日比谷アカリテラス2013で福島県応援活動(2013.05.28)

富国生命は、東日本大震災被災地応援活動として、6月1、2日に東京・日比谷公園で開催される、日比谷公園110周年記念事業「日比谷アカリテラス2013」(キャンドルナイト)に、福島県の養護学校の子どもたちのデザインしたキャンドルカップを展示し、被災地の障がいのある子どもたちのアート作品製作の支援を行う。

同社では、これまで内幸町本社ビル地下2階の壁面で養護(特別支援)学校の子どもたちの絵画作品を展示する企画「すまいる・ぎゃらりー」において、被災地の養護学校の子どもたちの作品を展示してきた。今回、その特別編として日比谷アカリテラス2013で展示されるキャンドルカップを複数の養護学校へ提供し、子どもたちがデザインした作品を展示。また、当日は同社の福島県応援活動のPRブースも出展する。

このページトップへ

第一生命、消費者教育教材資料表彰で最優秀賞(2013.05.27)

第一生命の「ライフサイクルゲームII〜生涯設計のススメ〜」が、公益財団法人消費者教育支援センター主催の「第8回消費者教育教材資料表彰(企業・業界団体対象)」で、金融・保険業界の企業として初めて最優秀賞を受賞した。この賞は、企業や業界団体が作成した教材資料で学校での消費者教育の指導教材として効果的に活用できるものを表彰する制度で、実際に使用した教員の評価などをもとに選出される。

同社のライフサイクルゲームは、すごろく形式のゲームを楽しみながら、人生の様々なリスクと必要な備え、消費者として知っておくべき消費者契約などの知識を学ぶことができる消費者教育・金融教育支援教材。2012年4月から同社ホームページで無償提供を開始し、学校や消費生活センター、消費者関連団体、個人などから約8000セット(4月末現在)の申し込みがあった。

提供したゲームは、学校や消費生活センターなどで、消費者教育の授業・講座で活用されており、とくに学校教育の現場では、教員から「消費者教育教材として使用価値がある」「すごろくゲームを取り入れた授業は、学生の反応がよく、とても効果的である」「消費者被害の具体的な事例や被害にあった場合の対応、計画的な資金準備の必要性などをゲームを通じて学ばせることができた」と好評。また、このゲームを使用して同社職員による学校での出張授業、消費生活センターや企業などでの研修も実施している(12年2月〜13年4月に12回実施、受講者総数327人)。

このページトップへ

三井住友海上プライマリー生命、死亡保障充実特約付通貨選択利率更改型終身保険を販売(2013.05.24)

三井住友海上プライマリー生命は、5月27日から死亡保障充実特約付通貨選択利率更改型終身保険(定期支払特約付)「たのしみ、ずっと」の販売を開始する。日本円よりも比較的高い利率で運用できる外貨建て運用の終身保険に、定期支払金と死亡保障充実の機能を付加している。27日から池田泉州銀行、トマト銀行、香川銀行、百十四銀行、徳島銀行、6月3日から関西アーバン銀行を通じて販売する。

主な特徴

円に比べて高い利率の外貨で運用する外貨建て商品
  • 契約通貨は米ドル、豪ドル、ユーロの3通貨から選択できる。
  • 一時払保険料は、円貨でも入金することができる(円入金特約)。
  • 契約通貨と異なる外貨(米ドル、豪ドル)でも入金することがでる(外貨入金特約)。
毎年、定期支払金を受け取れる
  • 契約日後の毎年の契約応当日始に被保険者が生存している場合、定期支払金を解約控除なしで受け取ることができる。
  • 10年目以後も継続して受け取ることができる。
  • 定期支払金を円貨で受け取ることもできる(円支払特約)。
死亡保障が充実
  • 死亡保障充実開始日以後は、次回の更改までの期間の保険金額を一定額とした死亡保障に移行することで、死亡保障を充実(死亡保障充実特約)。
  • ライフスタイルに合った保障に対応できるよう死亡保障充実開始日を変更することもできる。

このページトップへ

三井住友海上あいおい生命、ポリオワクチン購入費用を寄付(2013.05.24)

三井住友海上あいおい生命は、商品ブランド「&LIFE(アンドライフ)」の保険商品の新規契約件数に応じた金額を、認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)」にワクチン等の購入費用として寄付する活動を行っているが、5月22日に2012年度新規契約件数相応分として、ポリオワクチン14万8000人相当分の購入費用をJCVに寄付した。ワクチンは、ミャンマー、ラオス、ブータン、バヌアツの子どもたちに届けられ、ポリオやはしかなどの感染症予防に役立てられる。なお、08年度からの寄付の累計はポリオワクチン55万人相当分となっている。

このページトップへ

第一生命、「私が選ぶサラ川ベスト10」全国投票結果を発表(2013.05.23)

第一生命は5月23日、第26回サラリーマン川柳コンクール「私が選ぶサラ川ベスト10」全国投票結果を発表した。最も票を集めたのは、夫婦の関係を巧みに詠み込んだ「いい夫婦 今じゃどうでも いい夫婦」(マッチ売りの老女)。今回のコンクールには、全国から3万490句の応募があり、社内選考で今年2月に全国傑作100選を決定。それらの作品を対象に一般の人に投票してもらいベスト10を選出した。約13万の投票があった。

私が選ぶサラ川ベスト10

  • 第1位:いい夫婦 今じゃどうでも いい夫婦(マッチ売りの老女)
  • 第2位:電話口 「何様ですか?」と 聞く新人(吟華)
  • 第3位:「辞めてやる!」 会社にいいね!と 返される(元課長)
  • 第4位:風呂にいた ムカデ叩けば ツケマツゲ(おやじパニュパニュ)
  • 第5位:ダルビッシュ 一球だけで 我が月給(ABNA48)
  • 第6位:スッピンで プールに入り 子が迷子(アジ)
  • 第7位:人生に カーナビあれば 楽なのに(元サラ)
  • 第8位:すぐキレる 妻よ見習え LED(忍耐夫)
  • 第9位:ワイルドな 妻を持つ俺 女々しくて(あんこもち)
  • 第10位:何かをね 忘れたことは 覚えてる(万華鏡)

このページトップへ

東京海上日動あんしん生命、名画「落穂拾い」をモチーフにした新CM放映(2013.05.22)

東京海上日動あんしん生命は、5月27日からミレーの名画「落穂拾い」をモチーフにした、テレビ新CM「落穂拾い」篇を全国で放映する。このCMは、絵画シリーズの第3弾で、企業キャラクター「あんしんセエメエ」と三谷幸喜さんが、医療保険「メディカルKitR[医療総合保険(基本保障・無解約返戻金型)健康還付特則付加]」をはじめ、同社が提供する商品ラインアップ「プレミアムシリーズ」を紹介する内容となっている。

このページトップへ

富国生命、6月に福島県応援活動を実施(2013.05.22)

富国生命では、東日本大震災被災地応援活動として、これまで一定期間内に特定の被災県への様々な応援活動を集中して行ってきたが、その一環として6月を中心に、障がい児童生徒の絵画作品展示会や訪問コンサート、特産品販売会などの福島県の応援活動を実施する。

福島県応援活動の内容

福島県の障がい児童生徒の絵画作品展示会開催

同社の内幸町本社ビル(東京都千代田区)地下2階商店街壁面で行っている、障がいのある子どもたちの絵画展示企画「すまいる・ぎゃらりー」で、福島県の障がい児童生徒の絵画作品を展示する。開催期間は5月24日〜6月21日。

福島県の障がい児童生徒デザインのキャンドルカップ展示

「すまいる・ぎゃらりー」特別編として、日比谷公園110周年記念事業「日比谷アカリテラス2013」へ参加。日比谷公園で開催されるキャンドルナイトに福島県の複数の養護学校などの子どもたちのデザインしたキャンドルカップを展示する。開催日時は、6月1日〜2日(午前10時〜午後9時、キャンドル点火は午後7時〜)

福島県立聾学校、福島県立郡山養護学校での「被災地訪問コンサート」開催

同社では、普段コンサートホールへ足を運ぶことの少ない養護(特別支援)学校への訪問コンサートを音楽ホールでのチャリティーコンサートとあわせて「フコク生命訪問&チャリティーコンサート」として、全国で実施しているが、被災地に特化して訪問する「被災地訪問コンサート」を開催する。また、今回は「みんなでやろう!音楽会」をテーマに子どもたちとプロの演奏家の合奏プログラムも実施。訪問先は、6月6日福島県立聾学校(福島県郡山市)、6月7日福島県立郡山養護学校(福島県郡山市)。

がんばろう! ふくしま! 特産品販売会
  • 6月20日午前11時〜午後3時…同社千葉ニュータウン本社大講堂(千葉県印西市大塚2-10)
  • 6月21日午前11時〜午後3時…同社内幸町本社ビル地下1階時計広場(東京都千代田区内幸町2-2-2)

このページトップへ

日本生命の確定拠出年金コールセンター、HDI「五つ星認証」取得(2013.05.22)

日本生命の確定拠出年金コールセンターは、サポートサービス業界の国際機関HDI(ヘルプデスク協会)の日本法人であるHDI-Japan(運営会社:シンクサービス社)が提供する「問合せ窓口」の格付け調査で、4年連続で「三つ星格付」を取得してきたが、今回、HDI-Japanが提供する「HDI五つ星認証プログラム」で、確定拠出年金のコールセンターとしては初めて「五つ星認証」を取得した。

五つ星認証は、HDI-Japanが提供する顧客の視点で評価される「問合せ窓口」の電話応対格付け調査において、最高評価の「三つ星格付」の取得と、マネジメント・業務プロセスに対する評価として、企業や組織にとって付加価値を生み出しているコールセンターに付与される「サポートセンター認証」の双方を取得した企業を認定するもの。

サポートセンター認証の取得にあたっては、HDI-Japanが提供するHDI五つ星認証プログラムに基づき、「リーダーシップ」「方針と戦略」「従業員管理」「サポート資源」「プロセスと手順」の5要素について書類審査・インタビューを受ける。日本生命の確定拠出年金コールセンターは、制度・商品説明、手続き案内から取引の実行までワンコールで完結し、また、国内および海外45か国からの電話は無料で、メールでの照会にも対応しているなどの特長がある。

なお、今回、以下のとおり評価され、五つ星認証となった。

  • リーダーシップ…極めてハイレベルな結果であり、コールセンターから積極的に意見を出し、関係者とよくコミュニケーションを行いながら、サービス提供にあたって、最適な調整変更が実施されている。
  • 方針と戦略…企業とコールセンターのビジョン・ミッションの整合がとれ、周知徹底されている。
  • プロセスと手順…確定拠出年金のサービスで重要かつ不可欠な顧客データがしっかり整備されている。電話応対品質の向上のためのモニタリング・改善プロセスも整備されており、継続的な改善の一翼を担っている。

このページトップへ

三井住友海上あいおい生命、日本脳卒中協会から感謝状(2013.05.22)

三井住友海上あいおい生命は、2010年度から展開している脳卒中に関する啓発活動による貢献が認められ、5月18日に公益社団法人日本脳卒中協会から感謝状が授与された。同社では、10年度から「脳卒中プロジェクト」と称し、社会貢献活動の一環として社内外に向け脳卒中に関する啓発活動を始めたが、同年度内に日本脳卒中協会との共同事業となり、連携しながら「脳卒中セミナー」を開催。セミナーでは、脳卒中の基礎的な話、予防の方法、発症時の対処法、かかる費用の準備などについて詳細に伝えてきた。これまで全国各地でセミナーを開催し、12年度末までに105回、参加者の数は累計で1万人を超えている。

このページトップへ

楽天生命、インターネット経由の申し込み1000件突破(2013.05.22)

楽天生命は5月22日、インターネットチャネルでの保険販売開始から41日目となる5月11日にネット経由の申し込み総数が1000件を突破したと発表した。申し込みが最も多かったのは「医療保険 楽天生命スマート」で全体の44%(483件)となっている。なお、22日までの累計は1322件。

このページトップへ

明治安田生命、新社長に根岸常務執行役(2013.05.21)

明治安田生命は5月21日、7月2日付で根岸秋男常務執行役が社長に昇格する人事を発表した。松尾憲治社長と関口憲一会長は特別顧問に就く。後任の会長には鈴木伸弥常務執行役が就任する。

新社長の略歴

根岸 秋男氏(ねぎし・あきお)昭和56年3月早稲田大学理工学部卒、同4月明治生命(現明治安田生命)入社。平成15年4月滋賀支社長、17年4月企画部長、19年4月営業企画部長、21年7月執行役営業企画部長、23年4月執行役、24年4月常務執行役。54歳、埼玉県出身。

このページトップへ

チューリッヒ生命、ストレス性疾病の長期入院を保障する新商品発売(2013.05.20)

チューリッヒ生命は、6月2日からストレスの多い働き盛り、子育て世代の病気入院をサポートする「終身医療保険プレミアム」[正式名称:無解約払戻金型終身医療保険(Z01)]を発売する。同商品は、全国の募集代理店と通信販売で取り扱う。

近年、1回の入院日数が短期化している傾向から、保険商品の保障内容についてもその傾向に合わせて短期の入院に対応した保険が主流となってきた。しかし、社会問題になっているうつ病などの精神疾患については、重度になると入院が長期に及ぶため、一般的な医療保険ではカバーができない。同社では、多くの現代人がさらされているストレスに着目し、入院や手術といった一般的な短期入院に対応した医療保障に加えて、ストレスに起因して罹患のリスクが高まる胃潰瘍や精神疾患などのストレス性の病気に伴う入院を最長1年まで保障する長期入院にも対応した終身型の医療保険を開発した。

主な特長

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、精神疾患など同社が定めるストレス性疾病の長期入院を保障

ストレスによって罹患率が高まるとされている病気のうち、34種類についてストレス性疾病と定め、ストレス性疾病で入院した場合の1入院あたりの支払限度日数を365日まで延長した。これにより、重度の胃潰瘍や十二指腸潰瘍、入院が長期化しがちな精神疾患などの長期入院へも対応が可能。

  • 同社が定める主なストレス性疾病
    胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群、更年期障害、統合失調症、うつ病、躁うつ病、躁病、神経症性障害、パニック障害、外傷後ストレス障害、摂食障害、非器質性睡眠障害など
三大疾病に罹患した場合、診断確定あるいは入院以後の保険料払込を免除

三大疾病といわれるガン(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中は命に関わる重病であり、治療が長期にわたることが多く、休職に伴う収入の減少や長期の治療費が家計へ大きな負担となる場合がある。そこで、ガン(悪性新生物)と診断された場合、または急性心筋梗塞や脳卒中で入院を開始したら、以後の保険料負担を不要とした。

先進医療や退院後の通院に対する保障をオプションとして追加が可能

基本プランである入院保障、ストレス性疾病の入院延長保障、手術や放射線治療の保障、三大疾病保険料払込免除といった保障に加え、オプションとして、所定の先進医療にかかる技術料と同額を通算2000万円まで保障する「先進医療特約(Z01)」、退院後の通院を保障する「退院後通院特約」を付加することができる。

※「退院後通院特約」は、主契約の入院給付金が支払われる入院をし、その入院の退院日の翌日からその日を含めて120日以内に、その入院の原因となった病気やケガの治療を目的として通院したときに保障の対象となる(1回の退院後の通院について30日通算1095日限度)。

このページトップへ

第一生命、「親子で!家族で!スマイルキャンペーン」を実施(2013.05.20)

第一生命は、「親子の日」(7月の第4日曜日)の活動を2011年から特別協賛社として、支援している。この親子の日の普及活動に「よしもとパパパーク」の後援が決定し、同社とコラボレーション企画を実施することになった。よしもとパパパークは、吉本興業所属のパパ芸人によって結成されたプロジェクト団体で、「子育てをもっと楽しくする」をテーマに様々なプロジェクトに協力している。

5月20日から同社では「親子で!家族で!スマイルキャンペーン」を実施。キャンペーンキャラクターにパパ芸人を代表して、博多華丸・大吉、COWCOW、ガレッジセールの3組を起用し、彼らがセレクトした親子で、家族で楽しめるアイテムを抽選で2500人にプレゼントする。また、ウェブサイト内の特設コンテンツ「保険のハテナ?」にもパパ芸人が登場し、保険や教育費などの素朴な疑問、保険にまつわる家族の幸せについて考えるための情報を提供する。

このページトップへ

東京海上日動あんしん生命、7月16日に本社移転(2013.05.20)

東京海上日動あんしん生命は、7月16日に本社を現在の東京・銀座から丸の内の東京海上日動ビルディング新館へ移転する。

移転先住所

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-2-1 東京海上日動ビルディング新館(受付は9階)代表電話番号:03-5208-5001

このページトップへ

三井生命、投資信託総合取引サービスを終了(2013.05.20)

三井生命は5月20日、PMMサービス事業部等を通じた公募投資信託の取り扱いについて来年3月31日までに終了すると発表した。同日から口座を開設している顧客へ今後の取り扱いに関する案内を個別に郵送する。同社ではSMBCフレンド証券と投資信託の移管に関して業務提携しており、SMBCフレンド証券への移管を希望する場合には取り次ぐとしている。

なお、公募投資信託の取り扱いは終了するが、今年4月にオーストラリア連邦通貨(豪ドル)建の無配当外貨建終身保険(予定利率更改型)「ドリームクルーズ」「ドリームクルーズ プラス」の販売を開始し、生保商品による「保障」および「資産形成」をあわせた総合的なファイナンシャル・サービスを引き続き提供していくとしている。

このページトップへ

朝日生命、中期経営計画の進捗状況(2013.05.15)

朝日生命は5月15日、平成24年度にスタートした中期経営計画「Action〜突破!次なるステージへ〜」(3か年計画)の進捗状況は発表した。初年度は、保険業績面、収支面、財務面において計画達成に向けて順調に進捗。保険業績面(年換算保険料)では、第三分野において新介護保険を中心に新契約が前年比134%と大きく伸展したことに加えて、消滅契約が前年を下回った結果、第三分野の保有契約は前年度末より順調に増加した。

収支面においては、保険料収入は減少したものの、コスト削減や逆ざやの改善等により、基礎利益は260億円程度とほぼ例年並みの水準を確保し、当期純剰余は130億円程度の黒字となった。財務面では、欧州問題の再燃を機に、株式等の残高を前年度末から約1200億円削減するなど、積極的にリスク削減を進めたことに加えて、年度後半に市場環境が改善したことから、ソルベンシー・マージン比率は500%程度(前年度末差プラス70%程度)、実質純資産額は5700億円程度(前年度末差プラス2200億円程度)と健全性指標は大幅に向上。

なお、平成24年度決算(案)においては、基金利息と社員配当金を支払うとともに、基金は現状を維持する方針である。

このページトップへ

第一生命、新中期経営計画「Action D」を策定(2013.05.15)

第一生命では、2013年度から15年度までの新中期経営計画「Action D グループを挙げた更なる飛躍への挑戦」を策定した。

第一生命グループは、11-12年度中期経営計画「サクセス110」で創業110周年(12年度)という大きな節目に向け、復興に向けた取り組みに注力しつつ、成長に向けた事業展開の加速に取り組んできた。新規・成長分野への積極的な資源投下、既存事業分野での収益力と効率性の抜本的改善に向けた取り組みを継続することで、国内成長分野(第三分野・個人貯蓄)では堅調に新契約を伸展、アジアパシフィックを中心とした海外での事業も着実に成長している。

今回、次の成長ステージとして、創業111周年となる13年度から15年度までの3年間を計画期間とした新中期経営計画を策定した。基本戦略は4つの柱、4つのDで構成。「成長戦略」はDynamism(力強さ・迫力)、「ERM」はDiscipline(規律)、「グループ運営態勢」はDimension(広がり)、そして「グループ人財価値」はDiversity(多様性)とキーワードを設定し、「Action D」で推進する3年間をグループを挙げて更なる飛躍に挑戦する期間と位置づけ、4つの基本戦略に基づき、成長の角度を更に上げた各種取り組みを展開していく。

このページトップへ

ライフネット生命、岩瀬副社長が社長兼COO(2013.05.15)

ライフネット生命は5月15日、岩瀬大輔副社長が6月23日付で代表取締役社長兼最高執行責任者(COO)に昇格する人事を発表した。出口治明社長は代表権のある会長兼最高経営責任者(CEO)に就く。

新社長の略歴

岩瀬 大輔氏(いわせ・だいすけ)1998年4月ボストンコンサルティンググループ入社、01年12月リップルウッド・ジャパン入社、06年10月ライフネット生命取締役副社長、09年2月代表取締役副社長、11年7月代表取締役副社長執行役員。1976年3月17日生。

このページトップへ

生保文化センター、第51回中学生作文コンクールの作品募集(2013.05.15)

生命保険文化センターでは、文部科学省、金融庁、全日本中学校長会の後援、生命保険協会の協賛のもと、第51回中学生作文コンクールを実施する。テーマは「わたしたちのくらしと生命保険」。具体的には「くらしの中の助け合い」「わたしの将来と生命保険」「わが家の生活設計」「高齢社会に備えて」「公的年金と私的年金」「思いやりのかたち」(題名は自由)など、生命保険がくらしの中で果たしている役割や生命保険について学んだこと、感じたことなど(400字詰め原稿用紙2〜4枚、ワープロ可)。

同コンクールは1963年から開始、過去の応募作品総数は81万編。昨年度は全国1116校の中学校から2万7538編の応募があった。なお、応募に関する詳細は生保文化センターのホームページ

このページトップへ

ネクスティア生命が社名変更、アクサダイレクト生命に(2013.05.14)

ネクスティア生命は、5月14日から社名変更し、アクサダイレクト生命としてスタートした。同社では、5月に入り保有契約件数が5万件を超え、ダイレクトビジネスならではのマルチチャネル拡充、シンプルで手ごろな商品の品揃えに一層注力し、成長を加速していくとしている。

このページトップへ

AIG富士生命、ゴールドリボンウオーキング2013に参加(2013.05.14)

AIG富士生命は、4月20日に東京日比谷公園を中心に開催された、小児がんへの理解と認知の拡大を目指すイベント「ゴールドリボンウオーキング2013」に参加した。同社は、2009年からがん治療により身体的・精神的影響を受けた子どもたちの1日も早い社会復帰を支援するゴールドリボン推進活動を展開。このイベントには、同社の役職員とその家族40人が参加し、黄色のリボンを身につけ、出発地点となる日比谷公園から皇居内、大手町のオフィス街、丸ノ内のショッピング街を抜けて日比谷付近を約5キロを歩いた。

このページトップへ

オリックス生命、定期保険の保険料を引き下げ(2013.05.10)

オリックス生命は5月10日、代理店チャネルで取り扱う死亡保険「定期保険〈無配当定期保険〉」「定期保険特約」「ロングターム7〈無配当低解約払戻定期保険〉」について、6月2日以降の新契約を対象に保険料を引き下げると発表した。年満了の定期保険または定期保険特約付きの既契約が6月2日以降自動更新される場合、更新後の保険料は新保険料率が適用される。

今回の保険料改定によって、男女ともほぼ全年齢で保険料が引き下げとなる。中小企業の経営者や役員など高額な保障を必要とする顧客にとっても、手ごろな保険料で必要な保障を備えることが可能になる。また、長期の定期保険やロングターム7は、払込保険料累計額に対する解約時の払戻率が高くなる。

改定後の保険料例

定期保険(保険期間10年、保険金額3000万円、口座月払)
  • 30歳男性…5040円(現行6270円)
  • 30歳女性…4020年(同5220円)
ロングターム7(保険期間98歳、保険金額500万円、口座月払)
  • 30歳男性(低解約払戻期間60歳)…5380円(現行5615円)
  • 30歳女性(同)…4300円(同4520円)

このページトップへ

メディケア生命、保有契約件数15万件を突破(2013.05.10)

メディケア生命は5月10日、保有契約件数が7日に15万件(速報値)を突破したと発表した。同社は2010年4月に開業し、保険ショップやインターネット保険サイト、金融機関などの募集代理店を通じて生命保険を提供している。昨年12月に10万件を突破した。

このページトップへ

チューリッヒ生命、小児・若年者がんの疾患啓発チャリティーライブ東京に特別協賛(2013.05.09)

チューリッヒ生命は、7月7日に東京の日比谷野外音楽堂で開催される小児がんとAYA(Adolescent and young Adult:思春期と若年成人)世代と呼ばれる15〜29歳の若年者のがんの疾患啓発や患者支援、研究推進の支援を目的としたロック・チャリティーライブ「ロック・ビーツ・キャンサー・フェス2013 vol.2」に特別協賛し、第1回の大阪公演に続きメインスポンサーとしてイベントをサポートする。

このイベントは、日本を代表するドラマーとして世界的にも知られるハードロックバンド、ラウドネスの樋口宗孝氏が08年11月に肝細胞がんで亡くなったことをきっかけに12年4月に立ち上げられた、がんの疾患啓発や患者支援、治療研究の推進のための支援基金「樋口宗孝がん研究基金(MHF)」への寄付を募るために企画されたロック・チャリティーライブ。

東京では初の開催となる今回の公演では、ラウドネスをはじめ、日本のアニメソング界で活躍するジャム・プロジェクトなど人気ロックアーティストが参加し、ライブパフォーマンスとともに、がんについて正しく知ることの大切さを伝える。なお、今回のイベントで集められた収益金や寄付金は、樋口宗孝がん研究基金を通じて、小児がん、AYA世代のがんの疾患啓発や患者支援、研究推進のために活用される。

このページトップへ

明治安田生命、助産師の奨学金制度へ寄付金贈呈(2013.05.02)

明治安田生命は、5月1日に「Hello! Baby 奨学金プログラム」の寄付金442万円(助産師学生13人分の奨学金に充当)を公益社団法人日本助産師会へ贈呈した。このプログラムは、日本助産師会が実施している「助産師をめざす人のための奨学金制度」を支援し、助産師不足の解消に貢献するため2010年度からスタート。こども保険の保有契約件数に応じて、同社経費のなかから毎年寄付を行っている。今年で4回目となり、第1回からの寄付金額の合計は1820万円。

このページトップへ

日本生命、保険の加入検討する顧客向けコンテンツをリニューアル(2013.05.02)

日本生命は、顧客が自身のニーズやライフステージに合わせて生命保険の加入を検討できるよう、オフィシャルホームページの「保険を検討中のお客様」コンテンツをリニューアルした。

リニューアルしたコンテンツ

みんなの人生白書

就職や結婚、子どもの誕生、さらには退職後のセカンドライフなど、ライフステージに応じて必要と思われる保険の情報をスゴロク形式で提供する。

ライフステージに見る人生とお金の話

「女性の悩み座談会」「既婚男性意識調査」「生命保険徹底討論」などのコンテンツを開設し、ライフステージに応じた各世代の考えや悩みに加え、準備しておきたい保障やお勧めする保険を紹介。

みんなのクチコミ・体験談

「生命保険に加入してどうだったか」「他の家族はどのような考えで生命保険に加入したか」など、加入者から同社に寄せられた意見や感想、感謝の声を紹介。

このページトップへ

プルデンシャル生命、特例子会社のクッキーがモンドセレクションで金賞(2013.05.01)

プルデンシャル生命の特例子会社、プルデンシャル・ジェネラル・サービス・ジャパン有限会社(PGSJ)が手がける菓子工房「WITH」のクッキーが、モンドセレクション2013で優秀品質金賞を受賞した。パッケージを含め商品の内容が評価され、とくに「味覚」の評点が高かったことが、今回の受賞となった。モンドセレクションは、1961年の創設以来、消費生活製品の品質評価国際機関として、世界中から応募される様々な製品の審査、評価を行っている。

PGSJは、障がい者の経済的自立支援を目的に、プルデンシャル生命の特例子会社として06年に設立。現在は、知的・身体障がいのある社員18人のうち11人が工房で働いている。PGSJのクッキーは、プロのパティシエに協力してもらい「どこにも負けない、美味しくて、安全なクッキー」をモットーに製造している。

このページトップへ

  • 共済金のご請求 0120-770-172
  • 各種お手続き 0120-770-806
  • コープ火災共済に関するお問い合わせはこちら
  • インターネット手続きサービス ログイン
  • その他のお問い合わせ窓口一覧
  • ご請求忘れはありませんか?
  • コープ共済《たすけあい》に先進医療特約誕生!