死亡共済金受取人・指定代理請求人のお手続き

死亡共済金受取人の指定とは?

死亡共済金の受取人は共済事業規約により定められています(※)が、契約者が特に必要な場合に死亡共済金の受取人を指定できる制度です。

指定可能な範囲は、契約者の配偶者、契約者の6親等以内の血族、契約者の3親等以内の姻族です。

※契約者と被共済者が異なる場合、死亡共済金の受取人は契約者です。

※契約者と被共済者が同じ場合、死亡共済金の受取人は第21順位まで定められています。第1順位は配偶者です。

※一定の条件を満たす場合、事情をお伺いしたうえで日常生活に密接な関係のある方(同性パートナーを含む)を指定できる場合がございます。

以下のような場合にご指定ください。

  • 共済事業規約に定められた受取人の順位を変更したい場合
  • 契約者と内縁関係にある方を死亡共済金の受取人にしたい場合
  • 別居の親族の方を死亡共済金の受取人にしたい場合

上記のような場合には、あらかじめ指定しておくことで、指定されていない場合よりも共済金請求の際に必要な書類が少なく済み、よりスムーズに手続きが行えるようになります。

死亡共済金受取人の指定手続きが可能な商品は、《たすけあい》、《あいぷらす》、《ずっとあい》終身生命です。

指定手続きの詳細については、下記「死亡共済金受取人指定手続きのご案内」をご参照ください。

死亡共済金受取人のお手続きの流れ

STEP1

コープ共済センター(コールセンター)までご連絡ください

※コープ火災共済はお手続きが異なります。コープ火災共済コールセンターまでご連絡ください。

お手元に共済証書をご用意の上、お電話ください。

STEP2

お手続き書類をお届けします

必要書類をお手元にお届けいたします。

STEP3

書類へ記入いただき、ご提出ください

手続書類を確認後、必要書類にご記入・捺印いただき、返信用封筒をご利用の上、ご提出ください。

お手続き完了

指定代理請求人制度とは?

契約者が、あらかじめ契約者の代理人(指定代理請求人)を指定しておくことで、契約者に共済金を請求できない特別な事情(※)があるときに、指定代理請求人が共済金の請求手続きや、《ずっとあい》終身医療の払込免除申請の手続きを行える制度です。

指定可能な範囲は、契約者の配偶者、契約者の3親等以内の親族および契約者の配偶者の3親等以内の親族です。

※共済金を請求できない特別な事情とは・・・ 例えば契約者が深昏睡状態や重度認知症となり、意思が確認できない場合をいいます。

※一定の条件を満たす場合、事情をお伺いしたうえで日常生活に密接な関係のある方(同性パートナーを含む)を指定できる場合がございます。

あらかじめ指定しておくことで、指定されていない場合よりも共済金請求の際に必要な書類が少なく済み、よりスムーズに手続きが行えるようになります。

指定代理請求ってどんな時にできるの?

  • 事故や病気等により、受取人である契約者が、深昏睡状態等となり、意思表示が困難であるとき。
  • 《あいぷらす》にてがんの特約を付帯している場合において、受取人である契約者が、がんであることを医師から告知されておらず、ご家族や指定代理請求人のみが知っているとき。

このような場合に、あらかじめ指定された契約者の代理人(指定代理請求人)が共済金の請求手続きや、《ずっとあい》終身医療の払込免除申請の手続きを行うことができます。

指定手続きの詳細については、下記「指定代理請求人指定手続きのご案内」をご参照ください。

指定代理請求人のお手続きの流れ

STEP1

コープ共済センター(コールセンター)までご連絡ください

※コープ火災共済はお手続きが異なります。コープ火災共済コールセンターまでご連絡ください。

お手元に共済証書をご用意の上、お電話ください。

STEP2

お手続き書類をお届けします

必要書類をお手元にお届けいたします。

STEP3

書類へ記入いただき、ご提出ください

手続書類を確認後、必要書類にご記入・捺印いただき、返信用封筒をご利用の上、ご提出ください。

お手続き完了

  • 共済金のご請求について 0120-80-9431
  • ご加入やご契約について 0120-50-9431
  • コープ火災共済に関するお問い合わせはこちら
  • インターネット手続きサービス ログイン
  • その他のお問い合わせ窓口一覧
  • ご請求忘れはありませんか?
  • コープ共済《たすけあい》に先進医療特約誕生!

よくあるご質問

住所・電話番号の変更