ニューストピックス

詳細はこちら 資料請求・ご加入に関するお問い合わせ 0120-497-775

全国のLPAが2,446名に!

 コープ共済連とその会員生協では、「くらしの見直し」をテーマとしたライフプランニング活動を行っています。LPAが中心となり、組合員がくらしに役立つ保障の選択ができる力をつけたり、年金などの社会保険、くらしの税金などを学んだりする機会を提供しています。

 ライフプランニングを行うにあたり必要なアドバイスを行う者がLPA(ライフプラン・アドバイザー)です。コープ共済連所定の教材でライフプランニングや保険、税金等について学習し、修了後LPAとなります。

 そのLPAが、2009年度末には2,446名と、前年より235名も増加しました!
 LPAは全国の生協において、組合員向けの保障の見直し学習会などを企画し、運営するインストラクターとして活躍しています。

※ライフプランニングとは
将来における不安をきちんと把握し、くらしの中の夢をひとつひとつかなえていくために、家族の健康や生きがいやお金について予想しプランを作り対策をうっていくこと。それが「ライフプランニング」です。
 ライフプランは、「健康づくり」「生きがいづくり」「くらしの資金づくり」の3つを総合したプラン(=人生設計)のことを指します。また、「くらしの資金づくり」(=ファイナンシャルプラン)のみを指す場合もあります。

LPA数の推移(1994年〜2009年):1994年度28人、2000年度568人、2005年度1640人、2006年度1841人、2007年度2054人、2008年度2211人、2009年度2446人に推移。

ライフプランニング活動内容など詳細はこちら

保障内容、変更、共済金請求などのお問い合わせ

CO・OP共済「ご意見・ご要望」の窓口

加入手続きの流れ

加入者インタビュー