ニューストピックス

詳細はこちら 資料請求・ご加入に関するお問い合わせ 0120-497-775

CO・OP火災共済 商品改定のお知らせ

CO・OP火災共済の商品内容と掛金の改定を2015年2月1日より行います。
改定のポイントは以下のとおりです。
詳しくは商品ページをご覧ください。

万一のとき、組合員のくらしを守りつづけるために、商品内容と掛金の改定を行います。 火災共済+自然災害共済 風水害等給付金付火災共済・自然災害共済

改定のポイント

ポイント1 より適切な掛金にするため 3構造区分の実施と掛金の見直し

3構造区分

「木造・モルタル等」「鉄筋コンクリート」の2区分から「木造構造」「鉄骨・耐火構造」「マンション構造」の3区分に変更。「マンション構造」には、お手ごろな掛金で加入できる「風水害保障なしタイプ」を新設。

火災共済

耐火性能に優れた住宅の掛金を引き下げ。

自然災害共済

東日本大震災の支払実績等をふまえた総支払限度額を引き上げ、掛金を引き上げ。

ポイント2 さまざまなリスクへの対応のため 新しい特約・共済金の実施

類焼損害保障特約

自宅が火元となった際の類焼先の損害に対して保障。

盗難保障特約

盗難により家財に発生した損害に対して保障。

付属建物等風水害共済金

風水害による門・塀・カーポートや物置・納屋の損害を保障。

バルコニー等修繕費用共済金

火災等による専用使用権付共用部分(バルコニーや窓ガラス等)の損害を保障。※マンション構造のみ

水道管凍結修理費用共済金

凍結による水道管の損害を保障。

ポイント3 東日本大震災の経験から 地震等共済金の損害認定区分に「大規模半壊」を追加

「全壊」と「半壊」の間に「大規模半壊」区分を追加し、地震等共済金の損害認定区分をこれまでの「全壊」「半壊」「一部壊」の3区分から「全壊」「大規模半壊」「半壊」「一部壊」の4区分に変更し、保障を拡大。

ポイント4 保障・お支払いの改善のため 住宅・家財の加入基準の改定

住宅・家財の加入基準を見直し、生活再建に必要な保障額として改善。

取  扱  団  体:日本コープ共済生活協同組合連合会(コープ共済連)

契約引受団体:全国労働者共済生活協同組合連合会(全労済)

保障内容、変更、共済金請求などのお問い合わせ

CO・OP共済「ご意見・ご要望」の窓口

加入手続きの流れ

加入者インタビュー