ニューストピックス

詳細はこちら 資料請求・ご加入に関するお問い合わせ 0120-497-775

CO・OP共済 地域ささえあい助成 団体交流会を開催しました

コープ共済連と日本生協連は、2017年12月7日に東京、12月15日に大阪で「地域ささえあい助成団体交流会」を開催し、22団体34人・27生協61人、合計95人(コープ共済連・日本生協連の事務局、報道関係者除く)が参加しました。

地域ささえあい助成とは、コープ共済連が2012年度から実施している社会貢献活動の一環で、「①活動内容が、対象となる活動テーマに該当する ②生活協同組合とNPO・ボランティア団体等が協同した取り組みであること」の両方の条件を満たす取り組みに対し、ひとつの活動につき最大100万円を助成するものです。

交流会では、地域と生協の協同をテーマに、講演や地域ささえあい助成の助成を受けた団体による活動報告、参加者による意見交換を行いました。

交流会の様子

開催概要

【東京会場】12月7日開催

講   演

「地域ささえあい助成のめざすもの」

日本生活協同組合連合会 組織推進本部 二村睦子 本部長

連続助成団体による活動報告
  • 「福島からの発信!「砂の遊びとアート」活動による子どもの健康と未来づくり」
    NPO法人福島SAND-STORY(福島県)
  • 「いじめ・不登校・ひきこもり問題を地域・社会へ発信し、つなげる」
    コープみらい地域クラブひだまり(千葉県)
  • 「みんなで作ろう!!きらくクラブ」
    きらくクラブ(神奈川県)
団体交流

ファシリテーター:日本NPOセンター 吉田建治 事務局長

※各団体の活動紹介・意見交換など

【大阪会場】12月15日開催

講   演

「たすけ上手・たすけられ上手」の地域づくり〜推進団体の役割と課題〜

同志社大学大学院 社会学研究科 上野谷加代子 教授

連続助成団体による活動報告
  • 「子どもの貧困『ポトスの部屋の実践』」
    特定非営利活動法人ポトスの部屋(愛知県)
  • 「京都 上京区『今日も行ってみよう会』の取り組み報告」
    京都生活協同組合(京都府)
  • 「鹿児島県における『生活支援』の実践交流の場と情報ネットワークつくり」
    鹿児島県生活協同組合連合会地域支えあい推進委員会(鹿児島県)
団体交流

ファシリテーター:日本NPOセンター 吉田建治 事務局長

※各団体の活動紹介・意見交換など


同志社大学大学院 社会学研究科
上野谷加代子 教授


日本NPOセンター
吉田建治 事務局長

(関連情報)

☆2018年度 地域ささえあい助成 募集のお知らせはこちら

http://coopkyosai.coop/about/csr/socialwelfare/2018.html

保障内容、変更、共済金請求などのお問い合わせ

CO・OP共済「ご意見・ご要望」の窓口

加入手続きの流れ

加入者インタビュー