安心、前進!コープ共済《たすけあい》に先進医療特約誕生!月掛金100円で1回あたり最高1,000万円まで保証

資料請求はコチラ

月掛金100円でここまで保障が充実!!

先進医療共済金と、先進医療一時金を合わせて1回あたり最高1,000万円まで保障!

病気やケガのために所定の先進医療を受けた時にお支払いします。

先進医療共済金
高額になることもある先進医療の自己負担率をカバー!
先進医療一時金
一時金は先進医療を受信するための交通費や宿泊費などの雑費にあてることもできます。

先進医療とは厚生労働大臣が定める医療技術で、技術ごとに決められた適応症に対し施設基準に適合する医療機関にて行われるものに限ります。
医療技術を受けた日において、先進医療にあてはまらない場合はお支払いできません。

●先進医療共済金と先進医療一時金をお支払いできる場合

  • ※支払対象となる先進医療は、医療技術を受けた日において次の項目にすべてあてはまるものに限ります。
  • ・厚生労働大臣が定める「医療技術」であること
  • ・医療技術ごとに定められた「適応症」(対象となる病気や症状)に対するものであること
  • ・厚生労働大臣が定める施設基準に適合する医療機関で行われるものであること

資料請求はコチラ

先進医療ってなぁに?

厚生労働大臣が定める先進的な医療技術のことで、未だ保険診療の対象にはなっていない技術のことをいいます。 その技術料は全額自己負担となり、医療技術によっては高額な費用がかかる場合もあります。

先進医療の患者数と実施医療機関数は増えています

先進医療についてもっと詳しく先進医療を実施している医療機関の一覧

●先進医療のよくあるご質問

先進医療でがん治療の対象となるものはありますか。

平成28年12月1日時点では、陽子線治療、重粒子線治療などがあります。
詳しくはこちら→「先進医療の各技術の概要(*)」をご覧ください。

*上記は厚生労働省ホームページ(外部ページ)にリンクいたします。

*先進医療の対象となる医療技術、先進医療を実施している医療機関の一覧は、随時見直されます。ご請求の際には改めてご確認ください。

組合員と職員の願いから先進医療特約が誕生しました

資料請求はコチラ