個人賠償責任保険(臨時費用補償及び賠償事故解決特約)

詳細はこちら 資料請求・ご加入に関するお問い合わせ 0120-497-775

「《たすけあい》の月掛金+170円!」で日常生活での他人に対する賠償責任をサポート!

他人にケガをさせてしまった、物を壊してしまったなど、日常のトラブルに、月額170円で備えませんか。

月額保険料 170円 保障額 最高1億円

引受幹事保険会社:共栄火災海上保険株式会社

  • 個人賠償責任保険は示談交渉サービス付き!

    示談交渉をお引き受けするには、日本国内における賠償事故(日本国外の裁判所に訴訟が提起された場合を除きます。)の場合に限るなどの条件があります。

個人賠償責任保険って?

  • 1世帯の1人が加入すれば、ご家族全員を保障する個人賠償責任保険。

    日常生活における偶然な事故で、他人にケガをさせたり、他人の物を壊したりしたことで、法律上の賠償責任を負った場合に、1事故につき1億円を上限として保険金をお支払いします(実損払い)。

お支払いの対象となる事例

  • 親子でキャッチボールをしていて他人の家のガラスを割った。

    親子でキャッチボールをしていて他人の家のガラスを割った。

    友だちとキャッチボールをしていた場合は、本人の責任分のみお支払いします。

  • 自転車に乗っていたところ、ハンドル操作を誤り、通行人にぶつかりケガをさせた。

    自転車に乗っていたところ、ハンドル操作を誤り、通行人にぶつかりケガをさせた。

    過失割合に応じてお支払いします。

  • 誤ってベランダから物を落としてしまい、通行人にケガをさせた。

    誤ってベランダから物を落としてしまい、通行人にケガをさせた。

  • 鎖につないでいた犬の首輪がはずれて通行人に噛みついてケガをさせた。

    鎖につないでいた犬の首輪がはずれて通行人に噛みついてケガをさせた。

  • 買い物中、手にした商品を誤って落として壊した。

    買い物中、手にした商品を誤って落として壊した。

    損害額は時価でお支払いします。

  • マンションで洗濯中にホースがはずれ、階下の家に損害を与えた。

    マンションで洗濯中にホースがはずれ、階下の家に損害を与えた。

お支払い事例はあくまで例です。

個人賠償責任保険を複数契約した場合、最高保障額は合算した金額となりますが、損害額に対して重複しては支払われません。

国外で起きた事故でも対象になります。

お支払いの対象とならない事例

  • 他人から借りた物、預かっている物に対する賠償責任

    他人から借りた物、預かっている物に対する賠償責任

    知人から借りたカメラを落として壊した。

    自宅でレンタルDVDを踏んで壊した。

  • 仕事中に、その業務の遂行に起因する賠償責任

    仕事中に、その業務の遂行に起因する賠償責任

    アルバイト中、料理をこぼして、客の服を汚した。

  • 自動車やバイクの所有、使用、管理に起因する賠償責任

    自動車やバイクの所有、使用、管理に起因する賠償責任

    駐車場で隣の車にキズをつけた。

  • 同居している親族に対する賠償責任

    同居している親族に対する賠償責任

    同居するおじいちゃんのメガネを踏んで壊した。

その他、お支払いの対象とならない場合

法律上の賠償責任が発生しないと保障の対象にはなりません。

  • 例:幼稚園に預けている間に、子ども(幼児)がガラスを割った。

    ※親権者等には賠償責任が発生しない場合があります。

  • 例:バレーボールの試合中、打ったスパイクが相手の顔面に当たり、ケガをさせた。

    ※競技・遊戯中の事故は賠償責任が発生しない場合があります。

実際のお支払いは事故発生の状況に応じた判断となります。詳しくはお問い合わせください。

個人賠償責任保険のみでのお申し込みはできません。
《たすけあい》の各コースに追加で加入できます。

ご注意ください!!

個人賠償責任保険の保障の開始日は、初回保険料振替日の翌月1日となります。
※《たすけあい》の保障の開始とは異なります。

個人賠償責任保険 保障期間 《たすけあい》保障期間

個人賠償責任保険は任意で加入でき、コープ共済連を団体保険契約者とする損害保険の団体契約となります。CO・OP共済ではありません。
1世帯の1人が加入すれば、契約者(記名被保険者)、契約者の配偶者、契約者または配偶者の「同居の親族および別居の未婚の子」が保障対象になります。日常生活における偶然な事故により、他人にケガをさせたり、他人の物を壊したりしたことで、法律上の賠償責任を負った場合に保険金をお支払いします。月額保険料は、加入者数が割引適用の条件を満たさない場合や、加入者全体での保険金支払の実績増加によって上がる場合があります。

(注)「個人賠償責任保険」は、日本コープ共済生活協同組合連合会を保険契約者とする団体契約で、共栄火災海上保険(株)を幹事保険会社とし、共栄火災海上保険(株)70.00%、(株)損害保険ジャパン日本興亜11.00%、東京海上日動火災保険(株)9.50%、三井住友海上火災保険(株)8.75%、あいおいニッセイ同和損害保険(株)0.75%の割合に応じて、各保険会社により契約を引き受ける共同保険契約です。各引受保険会社は連帯することなく単独別個に保険契約上の責任を負います。また、幹事保険会社が他の保険会社の代理・代行として、保険料の受領、保険証券の発行、保険金の支払い、その他の事務を行います。

B1624400E0058-20160412

  • オススメプラン シミュレーション
  • 資料請求 / お申し込み

契約引受団体/日本コープ共済生活協同組合連合会

《たすけあい》はご加入の生協によっては、
その生協の加盟する連合会との共同引受になります。

保障内容、変更、共済金請求などのお問い合わせ

CO・OP共済「ご意見・ご要望」の窓口

ご加入手続きのながれ

加入者インタビュー

D-161359