ご請求にあたっての確認事項 事故(ケガ)入院

ご契約者の方

事故(ケガ)で入院された場合に確認させていただきたいこと

ご契約の確認をするために必要な事項
お手元に共済証書をご用意ください
  • 契約番号
  • ご加入の生協名と組合員番号もしくはご登録の電話番号
  • ご契約者のお名前(フルネーム)、生年月日
  • 入院された方のお名前(フルネーム)

共済証書がお手元にない場合は、組合員番号、ご登録の電話番号よりご契約を照会いたします。なお、個人情報保護のため原則として契約者ご本人様からのお問い合わせをお願いいたします。

ケガであることの確認および必要書類をご案内するために必要な事項
  • 入院原因の事故(ケガ)内容
    いつ、どこで、どのように、事故(ケガ)をされたのか、について
  • 事故日と入院開始日および退院日について

    退院されてからのご請求をお願いしています。
    入院途中でのご請求の場合は入院期間などにかかわらず、診断書が必要となる場合があります。
    診断書の取得にかかる費用はご契約者(共済金受取人)様のご負担となります。

  • 通院・手術の有無

    手術共済金ご請求の際には、手術名称(医療機関より発行される診療明細書等に記載の正式名称)をお申し出ください。また、他社の診断書等によりアルファベットのKもしくはMから始まる手術区分コードがわかる場合は、そのコードもあわせてお申し出ください。

    手術の内容によっては、お支払いの対象とならない場合がございます。

    【予告】《たすけあい》では、2022年9月1日以降に受けた手術から、手術共済金の支払方式を変更します。
    手術共済金の支払基準をよりわかりやすく、またできる限り診断書不要で簡単にお手続きできるようにします。また、お支払いの対象となる手術の範囲を広げてさらにお役立ちできるよう新たな支払倍率として低倍率(2倍または5倍)を新設します。

事故(ケガ)入院に関する共済金
お支払い事例はこちら

保障選び・組み合わせに迷ったら
お電話で相談0120-497-775

(平日)9:00~17:00 (土曜日)9:00~16:00
※祝日・年末年始はお休みさせていただきます。

こちらもおすすめ

サイドメニュー